「認知症はアミロイドβ蛋白の脳への蓄積が原因ではなく、大動脈の粥状硬化巣から噴き出して脳に飛ぶ塞栓物質が引き起こしているのではないか」──。こう主張するのは、血管内視鏡を開発し大動脈内腔の観察に世界で初めて成功した児玉和久氏だ。粥状硬化巣から噴き出た物質は動脈を通って全身の臓器に飛散し、脳梗塞や大動脈解離、慢性腎臓病、足壊疽など様々な重篤疾患の原因にもなるという。血管内視鏡で明らかにされた疾患の真実を同氏に聞いた。

(聞き手は大滝 隆行=Beyond Health)

血管の老化といわれる動脈硬化は心臓病や脳卒中の原因として、世界中の研究者が病態の解明、治療薬の開発に取り組んできたと思うのですが、いまだにその病態は分かっているようで分かっていないという印象です。最近では、高血圧や糖尿病、脂質異常症など動脈硬化の危険因子が認知症にも関係しているといわれています。動脈硬化と疾患、認知症の関係をどのように捉えたらいいか、血管内視鏡を開発し、動脈硬化の様子を実際にこの目で観察し研究してきた先生のお考えをぜひ聞きたいと思って来ました。

 おっしゃるような動脈硬化に対する認識はその通りだと思います。従来の動脈硬化研究は死後の病理解剖の結果から、その病態生理を推測していました。この考えは約6年前、血流維持型血管内視鏡を用いて、大動脈の内腔が観察可能になって大きな変革が起こりました。つまり従来の考えには、ものすごく誤った認識が介在していると気付いたのです。古典的な形態病理学では、亡くなった人の血管内腔や関連組織を死後変化も含め、しかもスタティックな状態(静止状態)で観察します。生きた個体では、動脈や関連臓器は単なる静止物体ではなく、ダイナミックな状態で働いています。死亡後の血管や組織に標本化も含めて種々の人工的な処理を加えることでさらに実像から遠のく状況になります。これまで数多くの医学研究ではその環境の中で、種々の仮説を証明する努力を続けてきました。現実に起こっている病態との整合性が十分には理解されないまま、努力を繰り返していたと考えられます。

 例えば、血管の壁に脂肪と粘調度の高い物質(LDLコレステロール)が付着し、それを内包した粥状硬化巣(プラーク)を形成し、破綻することで血栓形成を促し塞栓状態が生じて急性心筋梗塞や不安定狭心症を引き起こすことがこれまでの研究で解明されてきました。しかし実際にプラークがどういう機序で形成され、進展し破綻するのか。破綻したプラークの内容物が流血中でどのように変化して末梢毛細血管に至り、細胞や組織を破損、破壊してゆくのか、詳細に解明できてはいないと感じています。

 私たちは長年、冠動脈用血管内視鏡の開発研究に携わってきましたが、その改良の過程で約6年前、大動脈内腔を観察可能にしました。世界で初めて生きている人の大動脈内部の詳細な動画像が観察できるようになったのです。この瞬間、その場に立ち会った我々医療関係者全員に大きな衝撃が走りました。大動脈内には我々の浅薄な知識、想像をはるかに超える世界が広がっていました。生命現象をめぐる我々の無知を思い知らされたのです。多くの知り得ていない事象や、事実ではないことを、いかにも既知の真実のごとくに虚偽を伝えてきたということでした。医学関係者はこれまで、患者さんに対してある意味、“債務不履行”をしてきたとも感じました。これまでの診断・治療法を強く反省し、動脈硬化と疾患の関係性を根本から考え直さないといけないことに気が付きました。

胃や大腸など消化管では、早期がんやポリープ、潰瘍などを観察する手段として内視鏡が用いられ、診療に不可欠な存在になっています。血管においても直接目で内腔を見たら診療に有用な情報がたくさん得られそうですね。

血流維持型汎用性血管内視鏡 VISIBLE(提供:インターテックメディカルズ)

 消化器内科の領域では、1952年に東大病院の小児外科医であった宇治達郎先生が「胃壁の内側から観察すれば、胃がんなど消化器疾患を早期に発見でき、正確に診断できる」という発想から消化管内視鏡の開発に成功して以来、内視鏡技術が長足の進歩を遂げ、いまやその役割は確立しています。一方、内視鏡の血管への応用が始まったのは1980年代になってからです。血管は消化管に比べると非常に細く、血球をはじめ種々の生命維持物質を含むため、不透明な血液という液体によって満たされており、透明な視野を得るための実用化には解決すべき問題が数多くありました。

 しかし近年、光ファイバー技術の進歩によって細くて、透明度が高く解像力に優れた光ファイバーが製造可能となり、それを筒状の管に内包させるカテーテルが開発され、さらに血液を排除して透明な視野を確保する手法も考案されました。血液を排除する手法には、大きく分けて血流遮断型と血流維持型とがあります。血流遮断型は観察部位の近位部の内腔を阻血用風船で一時的に遮断し血流を止めた上で、透明液に置き換えて視野を確保し、標的血管であった冠動脈内腔(直径約2.5mm)を観察するものですが、80年代に米国で開発された製品は、阻血中の心筋虚血による死亡事故が相次いだため、1991年にFDA(米食品医薬品局)が臨床使用を禁止しました。