病院や学会に対するマーケティング支援を専門としたVitaly(ヴァイタリー)を5年前に設立した竹田陽介氏。獨協医科大学医学部卒の循環器内科医で、社業の傍ら今も診療に従事する。会社は当初、手弁当で一人で始め、現在の従業員数は10人となった。なぜ起業したのか。具体的な業務内容、そして今後の活動計画は? 同氏に話を聞いた。

(聞き手は庄子育子=Beyond Health)

まずはVitalyを起業された理由からお聞かせください。

 Vitalyは「話そう!医学」という言葉をスローガンに掲げており、起業の理由はその言葉に表れています。私はもともとは循環器内科医でして、今も医療機関で診療に当たっていますが、現場でよく目にしてきたのはこんな光景です。

 急性心筋梗塞で救急車でやってくる方がいます。彼らは、動脈硬化により血管が傷むという過程がいきなり1日で起きたわけではなくて、多くの場合は、症状を進行させるリスクファクター(危険因子)を長年抱えていたんですよね。5年、10年前から糖尿病や高脂血症、高血圧、喫煙、肥満といったリスクファクターが累積している状況です。

 実際に健康診断でもよくない数値が出ていた。けれども、40代、50代の忙しく働く世代の方たちは、診断結果がよくなくても、医療機関を受診しないんですよね。痛くもかゆくもないのにいちいち病院になんて行っていられるか、という感じで。

 そしてずっと忙しく働き続ける中、何か最近、胸が痛いなと感じても、仕事を休めば職場に迷惑がかかるからと3日、4日我慢する。それで冷や汗が出てきて、職場で倒れて、救急車で運ばれてくるということが起こるのです。

 心筋梗塞となってもカテーテル治療で一発で治ればいいのですが、それで治らない場合も多い。心筋梗塞の治療戦略は確立していますが、今なお命に関わる危険な病気です。

確かにそうですね。

 では、患者さんが心筋梗塞になったとして、誰が悪かったのか。医者は言うんですよね、もっと早く病院に来ればよかったのにと。