13億人を超える人々が暮らす中国。その中国では、「健康ブーム」が訪れている。元来、健康に気を使う民族だったのに加え、近年の経済発展によって健康に投資する人々が各段と増えているのが現状だ。そんな中、健診データや処方箋情報など健康に関する情報を一括して管理するプラットフォームを構築しようとする企業が現れた。上海星康鏈科技(Shanghai HCDL、以下HCDL)だ。プラットフォームを介して、市民は病院をはじめとする健康に関するサービスを享受する仕組みを目指す。既に地方都市においては、実証実験のフェーズに入っているという同社の取り組みを、創立者&CEOの黄邦瑜氏に聞いた。

(聞き手は木村 知史=日経BP総研クリーンテックラボ上席研究員)

黄邦瑜(HUANG BANGYU)
上海星康鏈科技 創立者&CEO兼FOSUN PHARMAデジタルイノベーション チーフ顧問(2019年4月~現在)
その前は復星集団(フォースングループ)副CTO&ヘルスケアセクターCTOなども務めた。 2015年1月、フォースングループに入社、グループ全体のデジタルトランスフォーメーション(DX)をミッションとして、積極的に全社のDX戦略を企画、推進。2019年4月から、新しく設立されたデジタルヘルス事業を中心とする上海星康鏈科技(HCDL)の最高経営責任者に任命され、ヘルスケアのエコロジー共同体の構築を推進している(撮影:劉偉)

HCDLの目指すことについて教えてください。

 まず、我々は自分たちの会社をHCDLと呼んでいますが、これはヘルスクラウド・ドット・リンクから取ったものです。会社のホームぺージのURL(http://healthcloud.link/)にも反映しています。HCDLは昨年の12月に設立されたばかりです。社内スタートアップだとイメージしてもらえるといいかもしれません。現在の従業員は、約50人です。

 我々のビジネスの目的は、大きくはヘルスケア関連のトータルソリューションをお客様に届けることです。そのために、医療やヘルスケアの関連業界と深く連携したうえで、イノベーションモデルを構築しようとしています。ビッグデータやブロックチェーンなどの先端技術も活用します。

 お客様には、HCDLが手掛けていることはヘルスケアに関するITソリューションじゃないかとよく言われます。でも我々の気持ちとしては、ヘルスケアITという範疇ではなく、ヘルスケア・インダストリー・インターネットを提供したいと考えています。