「無償でもいいから活動を支援したい」――。こうした輪が広がり、業界にとらわれない様々な分野の多くの専門家がボランティアとして加わっていく。その輪の中心にいるのは、大学卒業後すぐ、Join for Kaigoを起業した秋本可愛氏だ。一人ひとりが動きだすことで次世代の介護を変えていくことを目指し、様々な活動を進めている同氏に話を聞いた。

(聞き手は小谷 卓也=Beyond Health)

秋本氏(写真:剣持 悠大)

学生時代のアルバイトがキッカケに

大学を卒業してすぐ、Join for Kaigoを設立したと聞いています。

 私は商学部のマーケティング学科に在籍していたのですが、サークル活動の一環で認知症をテーマにフリーペーパーを制作することになったんです。その制作過程を通じてより認知症について知りたいと思い、大学3年のときに介護のアルバイトを始めました。

 仕事自体は非常に楽しく、社会的なマナーや介護の奥深さも学ぶことができましたが、現場の課題に直面したのも事実です。私がいた施設では、2年間のうちに私が上から2番目になるほどとにかく人の入れ替わりが激しく、被介護者の家族も介護と仕事の両立に悩まれているなどの問題を抱えていました。

 そこで感じたのは、何か1つの問題に取り組めば解決するといった単純なものではないな、ということ。ならば、さまざまな場面で課題解決に関わる人が増えたらいいのではと発想したのです。それが、現在の活動の核となっている、超高齢社会を創造的に生きる次世代リーダーのコミュニティ「KAIGO LEADERS」の原点です。

 私自身、それまでまったく接点がなかった領域にたまたま足を踏み入れた人間だからこそ、いろんな課題に気づくことができたのだと思います。あと、フリーペーパーで企業の協賛を獲得するなどの活動をしたことも大きいかもしれません。今思えば起業ごっこのようなものですが、もっと自分でやってみたいと。むしろ、3年後、5年後のキャリアを考えて仕事を選択する気持ちには至らず、「今やりたいことをやる」といった気持ちが強かったので、周囲が就職するのと同じ感覚で卒業後すぐに起業したのです。