九州・福岡の地で、30年ほど前から予防重視の診療に取り組んできたつきやま歯科医院。一昨年にはより高度で専門的な治療を手掛ける分院をオープンさせた。同院はこれまでどのように発展し、この先、どこを目指すのか。開業した父の背中を見て育ち、現在、分院の院長を務める築山鉄平氏に話を聞いた。

(聞き手は庄子 育子=Beyond Health)

まずは、つきやま歯科医院の歩みを教えてください。

 父が福岡市南区の井尻につきやま歯科医院を開業したのは1989年です。学生だった1970年代は「虫歯の洪水」と呼ばれた時期で、歯を削って上手に埋めるのを競わせるような教育が主流だったと言います。違和感を覚えた父は大学院に進んで予防歯科を学びました。

 その過程で、夏休みに2カ月ほど岩手の無医村地区のようなところに行く機会があり、虫歯だらけの子供がたくさんいたので治療に当たった。けれど、治療をやればやるほどお口の状態が良くなっていっているとは思えなかったそうです。治療をしてもまた虫歯になって、子供たちが来ることがやむ様子がなかったので。そこで、当時、歯科先進国のスウェーデンで導入が進んでいたフッ素によるうがいなどを取り入れたところ、虫歯の数が途端に減った。それで治療よりも予防の方が価値があることを実感したと言います。

 父が「予防を基礎とした診療」を行うと決め福岡で開業した翌年の1990年に、WHO(世界保健機関)の歯科部長であったバームス先生が来日され、先進国における将来の歯科医療サービスの姿は、予防70%、一般治療20%、高度専門医治療10%になると予測されていました。片や発展途上国は治療が70%ともおっしゃっていて、当時の日本の状況はその途上国モデルにぴたりと当てはまっていた。そこから、日本は歯科の先進国モデルのように予防にシフトしていかなければならない、そのためには当院が何より先進的に取り組むもうと歩んできました。

開業当初から予防重視だったわけですね。とはいえ、患者さんはもっぱら「歯医者さんは虫歯を治すところ」というイメージが強かったのではないですか。どうやって予防の大切さを理解してもらったのですか。

 まずは患者さんの訴えをよく聞くことに徹していましたね。私たちの予防歯科に対する思いとは裏腹に患者さんは実際に困りことがあって来院されるわけですから、それを解決しつつ、その裏に本当はどういう希望があるのかを考えるようにしました。患者の「患」という字は心を串刺されていると書きますので、まず心の串を取ることを意識したわけです。当然ながら、歯が服を着て歩いてくるわけでありません。ですから、歯だけを見るのではなく、その人となりや生活背景に目を向けるようにしました。

 その結果、患者さんたちとより良好な信頼関係が築かれていったように感じます。すると、今度は地域の方々に「あそこに行くといつまでも口の中が健康でいられる」という評判が広がり、実際に来院患者数は安定して増えていきました。

 患者さんの増加に伴い、医院規模も拡大する必要に迫られ、ドクターの数を増やし、診療日数も週5日から6日に変更し、増改築を図るなどの工夫を凝らしました。現在、つきやま歯科医院の1階は治療フロア、2階は予防歯科フロアとなっていて、患者さんのプライバシーに配慮して、完全個室対応としています。治療フロアに8室、予防歯科フロアに10室の計18室構成で、クリニックとしては大きめな規模ですが、患者さんありきの結果によるものだと感じています。

築山 鉄平(つきやま・てっぺい)
2001年九州大学歯学部卒業後、佐賀医科大学(現佐賀大学医学部)歯科口腔外科に入局。2005年日本橋矢澤歯科医院勤務。2006年より米国タフツ大学歯学部歯周病科に留学し、最優秀臨床賞受賞。2009年米国歯周病学会歯周病インプラント認定医、2010年米国歯科修士を取得。2011年つきやま歯科医院勤務。2015年タフツ大学歯周病学招聘臨助教授に就任。2017年ヨーロッパインプラント学会認定医取得。2018年より現職(写真:荒川 修造、以下同)