新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。政府から打ち出される対策を社会全体が行動に移すことで、目に見えないウイルスとの戦いは終息に向かうのか。今夏のオリンピック開催を目前に、事態は急迫している。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」での検疫活動、厚生労働省の国内での対策にも関与する感染症対策の専門家、国際医療福祉大学医学部公衆衛生学 教授の和田耕治氏が本音で語る。[インタビューは2020年2月27日実施]

(聞き手は下部 純子=日経BP 総合研究所 ライター)

横浜港に停留したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」内で約3700人の乗員乗客に新型コロナウイルスの感染症が急速に広がり、日本の対応が感染リスクを高めたのではないかと国内外から批判の声が上がっています。実際に対策チームとして現場で活動した立場から、どう見ていますか。

 クルーズ船での対策には、2020年2月10日から数名の支援者メンバーとともに合流し、厚生労働省の指示の下で活動をしました。具体的には例えば、船会社と厚生労働省との間の情報のやり取りや現場での技術的アドバイスといったことです。

 現場には3つのミッションがありました。1つ目は、乗員乗客約3700人の間での感染を食い止めること。2つ目は、医療従事者を含む現場の支援者メンバーから感染者を出さないこと。そして3つ目が、2月19日の期限までに検疫を終えて大半の乗客を下船させることでした。私は、結果的には3つのミッションをしっかりやり遂げたと思っています。

 今回の最大の反省点は、国内外向けの情報発信が十分ではなかったことと考えます。例えば2月19日に下船が予定されている中、4日前の15日から船内の全員を対象にPCR(Polymerase Chain Reaction)検査が始まり、毎日数十件もの陽性例が出てきた。そんなニュースが出れば当然、「感染が広がっているのに船から出していいのか」という話になりますよね。でも、PCR検査は、感染しているかどうかが分かる検査であって、実際に新しい感染が体内で起きているかどうかはまた別の話。こうした解説が十分に発信されていなかったのです。

 その結果、日本人のネガティブなコメントや反応が海外メディアも含めて世界中に伝わり、日本の対応に批判が出たことは非常に残念でなりません。どこか機会を得てきちんと伝えないといけないのですが、国内での感染拡大があり、そこまで手が回っていないのが現状です。

今は感染の爆発的流行を防ぐ瀬戸際にあると、政府が全国にイベントの自粛や休業などを要請しています。こうした社会活動の制限が感染拡大防止につながる見通しはいかがでしょうか。

 全国の一斉学校休業はこのタイミングなのかという疑問がありました。社会活動を止め、人と人との距離が遠くなれば、中国の状況と同様に感染者は減少すると思います。しかし、これだけでこの危機を乗り越えられるかというと、そうではない。感染者は少し減っても、火種がくすぶり続け、小規模感染があると、再び発症する方が地域で散発する。それがボヤのようになり、やがて火事のように感染が広がり、同じような正念場を迎えることになるでしょう。ここまで世界中に広がってしまった新型コロナウイルスによる感染症は、少なくともこの先数年は繰り返されると考えられます。

 社会活動を止めるというカードは、何枚も切れるものではありません。年に何度も使えば、潰れる事業者が出てきてしまう。このカードを切る根拠が十分にはまだ理解されていません。