新型コロナウイルス(COVID-19)が、世界中で猛威を振るっている。感染に対する生体での“水際作戦”として今、「唾液の力」に注目が集まる(関連記事)。唾液には、食べ物の消化を助ける酵素のほかに、口に入ってくるウイルスや細菌などの病原体に対する防御因子が含まれており、感染症の予防や全身の健康維持に重要な役割を果たす。唾液・唾液腺研究の第一人者であり、「唾液腺健康医学」という新しい学問領域を提唱する槻木恵一氏に話を伺った。

(聞き手は塚崎 朝子=ジャーナリスト)

唾液成分には、ウイルスや細菌の侵入を防御する作用があると聞いています。

 唾液の99%は水分ですが、残り1%に100種類以上の成分が含まれています。この中にある抗ウイルス・抗菌作用を持つ免疫物質が、インフルエンザをはじめ様々な感染症から私たちの体を守ってくれています。

 例えば、インフルエンザウイルスの表面には、HA(ヘマグルチニン)というタンパク質がスパイク上に生えています。HAが人の粘膜細胞表面にある受容体を認識して結合することにより感染します。唾液中にある免疫物質は、口内に侵入したウイルスにくっつき、HAを粘膜に付着させないように取り囲みます。そして、免疫物質に取り囲まれたウイルスは唾液の自浄作用によって洗い流されます。

 しかし、口腔内に歯周病菌などの病原菌があると、ウイルスを粘膜細胞に侵入しやすくするプロテアーゼという酵素を出します。これがHAを活性化させることで感染が起こってきます。ですので、感染防御には口腔内の環境も重要で、1日2~3回の歯磨きで口腔内の衛生を保っておかないと、ウイルス感染を助長することになります。

渦中の新型コロナウイルスに関してはいかがですか。

 残念ながら、新型コロナウイルスに対する感染予防については、まだエビデンスがありません。ただ、コロナウイルスの一種であるSARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルスも、プロテアーゼにより感染能力を獲得する経路があります。新型コロナウイルスの表面性状は、少し異なっているようですが、唾液や口腔環境がその感染防御に役立つ可能性はあるでしょう。

具体的には、どのようなメカニズムですか。

 口腔での感染予防には、唾液中にあるIgA(免疫グロブリンA)という抗体が免疫物質の中で最も重要な役割を果たしています。IgAは免疫物質の一種であり、主に形質細胞(白血球の一種であるB細胞由来の細胞)で産生され、唾液をはじめ、母乳、涙、鼻汁、腸内などに存在しており、口腔や腸管内やどの粘膜面で病原体の感染に対して防御しています。

 病原体に対する抗体には、IgG(免疫グロブリンG)やIgM(免疫グロブリンM)など、多様な種類がありますが、いずれも、特定のウイルスや細菌だけに特異的に反応します。これに対して、IgAは、様々な種類の病原体に幅広く反応して、生体を防御しています。

 唾液中のIgAが低下していると、上気道感染症(いわゆるかぜ)を引きやすくなるなど、呼吸器系の感染症にかかりやすい状態になります。このIgAがコロナウイルスの感染予防にも有用である可能性があります。

唾液を枯渇させないためには、マスクも重要ですね。

 WHO(世界保健機関)は先ごろ、新型コロナウイルスの感染予防にはマスクは不要との指針を発表しましたが、口腔内の湿潤環境を保ち、外部からの病原体に対して防御するという点では、マスクは必要だと考えています。

 洗い流す唾液がなく、口腔内が乾燥した状態であれば、病原体は、粘膜に貼り付きやすくなります。マスクは万能ではないかもしれませんが、感染のリスクを下げる可能性はあります。

IgA量を増やすには?

IgAの量には、個人差がありますか。

 IgAのレベルが高い人は感染しにくく、低くなると感染しやすいことは、よく知られています。例えば、選択的IgA欠損症という先天性の病気があり、欧米では比較的多いのですが、3分の1ほどの患者では、繰り返しかぜや消化管感染症にかかることも知られています。

 過度な運動をすると、免疫力は低下します。英国のプロ・サッカーチームでは、唾液中のIgA量計測を選手たちの体調管理に採り入れています。唾液中のIgA量を測定できる簡易な計測器が発売されており、練習の休憩時間にこれで測定してみて、IgAレベルが低下し過ぎていないかを確認した上で、運動量や栄養を調節します。試合前に、かぜを引いたりしないように予防する意味があります。運動生理学分野で、スポーツ選手を対象にしてIgAレベルの有用性を示す研究は、実は日本にも多くあります。子どものインフルエンザ発症とIgAレベルの関係を示したカナダの研究もあります。

 残念ながら、この測定器は日本円で10万円ほどする高価なものなので、一般の人がセルフケアのために購入して、日常的にIgA量を測定するというわけにはいきません。IgA量を増やす方法はいくつか知られており、その前後で手軽に計測できると便利なのですが……。

IgA量を増やすには、どうすればいいですか。

 いわゆるストレッチなどの軽いエクササイズ、有酸素運動によって、唾液中のIgA量を高められることが知られています。

(写真:川島 彩水、以下同)

 また、食品では、納豆やヨーグルトなどの発酵食品や食物繊維の摂取も有効です。我々が被験者にヨーグルトを食べてもらい、前後で測定してみたところ、唾液中のIgA濃度、分泌速度とも有意に増加していました。そのメカニズムはよく分かっていないのですが、大腸発酵の代謝産物である短鎖脂肪酸が血中に入って全身を巡り、唾液腺の交感神経節にある短鎖脂肪酸受容体にも反応し、唾液中のIgAが増加すると想定しています。

 発酵食品は粘膜免疫の“司令塔”である腸管の免疫力も向上させますが、腸管免疫と唾液腺の免疫の賦活化にも相関関係があり、統制の取れた「腸-唾液腺相関」が働いているのです。プロバイオティクス(宿主に有益に働く生きた細菌)だけなく、プレバイオティクス(腸内の有用菌を増殖させるか、有害菌の増殖を抑制する食品成分)に作用する食品を食べることが重要です。

 最も上位に来るのがIgAですが、唾液中には、他にも、ラクトフェリンやリゾチームなど、抗ウイルス作用を持つタンパク質が多く含まれています。

唾液線から脳由来神経栄養因子(BDNF)も

空調が普及したことで、口内の乾きを覚えたり、唾液の分泌量が減ったりしているということはありませんか。

 学生たちの実習で測定してもらうと、確かに、減少傾向にあるような気がします。唾液は、正常な成人であれば、唾液腺において1日24時間、トータルで1~1.5L産生されています。年間を通じて見ると、乾燥しがちな冬に少ないのではないかと考えていますが、夏のほうが少ないとする報告もあります。

 唾液腺細胞は加齢とともに萎縮し、ほとんど再生しないので、高齢になれば、唾液の分泌量は減少します。高齢者の場合、口渇に限らず、脳卒中など様々な疾患の予防的観点から、水分を摂取した方がよいのですが、排尿の回数が増えるとして、特に冬季は水分摂取を控える傾向があります。

 また、唾液腺(耳下腺と小唾液腺)は活性酸素に非常に弱く、耳下腺はビタミンCを大量に必要とするので、ビタミンCを多く含む食品を多く摂取するなど、早い段階から唾液腺の健康維持に努めることが重要です。

 唾液腺は、自律神経により支配されているため、ストレスを避けて、リラックスした生活を送ることも大切です。発酵食品や繊維に加えて、抗酸化作用のある食品を摂取しましょう。肉や脂っこい食品は、唾液の質を下げる傾向にあるので、偏りのない食生活が大切です。ガムには、唾液の分泌を促したり、咀嚼によるリラックス作用をもたらしたり、さらにキシリトール入りであれば虫歯予防の効果もあります。ただ、歯に付きやすいなど、高齢者には不都合な面があります。

 ただし、ガムに限らず、自分の歯(入れ歯でも可)で咀嚼することにより、唾液腺で脳由来神経栄養因子(BDNF)が産生されます。唾液由来のBDNFが口腔底粘膜を透過し脳の海馬に移行し、γ-アミノ酪酸(GABA)の産生を増加させて抗ストレス作用を示すので、うつ病などの精神疾患のリスクを下げたりする可能性があることも、我々の研究で明らかになっています。

唾液を使った膵臓がんの検出技術も

唾液や唾液腺の研究から、今後色々な知見が明らかになりそうです。

 唾液は、リキッドバイオプシー(生体液体成分からがんを診断する技術)の面でも注目されており、慶應義塾大学では、膵臓がんの検出技術に取り組んでいます。膵臓がんは、早期発見しにくく進行も早いがんですが、発症すると唾液中の成分が変わってくるため、メタボローム解析(代謝物質の網羅的解析)をするのです。がん検診を年に頻回行うことは難しいですが、唾液成分の検査であれば、侵襲性もなく年に数回行うことができます。

 唾液腺は、医師の教育(医学部)では、ほとんど手つかずの分野でした。私は病理学が専門なので、約20年前から唾液腺と歯科疾患(歯周病など)との関係を研究してきましたが、疾患病理学だけでなく予防までを包括して研究しています。特に疾患予防に関する研究成果が先に出ており、高齢者施設の入居者に対して、IgAと肺炎の発症などとの関係を調べる臨床研究もしています。

 私どもの環境病理学教室では、ストレスや食事、病原体曝露など口腔の環境因子に注目し、疾患の発生原因の解明から予防戦略まで包含する「唾液腺健康医学」という新しい学問領域を提唱しています。今後も唾液・唾液腺と全身の健康との関連を追究しつつ、唾液腺の未知の機能を発見し、血液検査に代わる新たな唾液検査を開発していきたいと考えています。

(タイトル部のImage:川島 彩水)