看護業界に特化した「看護のお仕事」をはじめ医療・介護分野での人材紹介や人材派遣事業を展開しているレバレジーズメディカルケア。一方、看護師の人材定着サービスを手掛けるエピグノ。この2社は2020年8月、業務提携を発表した。退職した看護師を送り込むビジネスと、看護師を定着させるビジネスは、相反する関係にあるようにも見える。両社がタッグを組んだ狙いはどこにあるのか。レバレジーズメディカルケア 取締役の溝口幸治郎氏とエピグノ 代表取締役の乾文良氏に聞いた。

(進行は小谷 卓也=Beyond Health)

まずはお互いの事業内容について教えていただけますか。

溝口(レバレジーズメディカルケア) 医療・介護分野での人材紹介・人材派遣事業を展開し、現在、北は北海道から南は沖縄までをカバーしています。目指しているのは、それぞれの従事者が最適な働き方ができる世界の実現です。

レバレジーズメディカルケア 取締役の溝口幸治郎氏(写真:小口 正貴)

(エピグノ) 主力事業は看護師(ナース)のタレントマネジメントソリューション「Epignoナース」です。ナースのスキルや仕事への貢献度を可視化し、正当な評価や適切なコミュニケーションに役立ててもらうITツールとなっています。今の日本ではナースの高い離職率が重要課題となっており、有能な人材の離職を少しでも防ぎたいとの思いから開発しました(関連記事:看護師の離職を食い止めろ! スタートアップの挑戦)。

「Epignoナース」の画面イメージ(出所:エピグノ)