1974年に日本初の「がん保険」の販売を開始したアフラック生命保険。同社は今、保険の枠を超え、より広く包括的に、がんに関わる社会的課題の解決に取り組み始めている。その柱となるのが、様々なステークホルダーが連携・協業するプラットフォーム「キャンサーエコシステム」の構築である。これにより、治療以外の幅広い領域に広がる患者の多様なニーズに対応することを目指す考えだ。同社 代表取締役社長の古出氏に話を聞いた。

(聞き手は高橋 博樹=日経BP 総合研究所)

「がん保険」のトップランナーとして、従来の保険の枠を超えた価値の提供を積極的に推進されています。

 私たちは「がん保険」で始まった会社です。日本初のがん保険を発売した1974年から45年以上、「がんに苦しむ人々を経済的苦難から救いたい」という創業の想いをコアバリュー(基本的価値観)として連綿と受け継いできました。

 同時に、がん保険の提供を通じて日本社会で成長してきた会社として、さらに保険の枠を超え、もっと広く包括的に、がんに関わる社会的課題の解決に貢献していきたいと考えています。この考えは、創業50周年となる2024年に目指す姿として策定した「Aflac VISION2024」にも明確に打ち出しています。

 がんに関わる社会的課題には様々なものがあります。そのうち治療そのものは医療従事者が携わる領域ですが、健康増進や予防から始まり、治療後のQOLの維持まで、患者の方には「ペイシェントジャーニー」と呼ばれる様々な領域が存在します。このような治療以外の領域において、従来の保険の枠を超えて、私たちに何かできることはないか追求しています。

アフラック生命保険の古出氏(写真:川島 彩水、以下同)

その取り組みの一つが、「キャンサーエコシステム(Cancer Ecosystem)」の構築というわけですね。

 そうです。私たちは、がんやがん患者を取り巻く様々な問題を包括的かつ総合的に解決するため、がん患者とその家族を中心に様々なステークホルダーが連携・協業するプラットフォームの構築を目指しています。このプラットフォームを「キャンサーエコシステム」と名付けました。そして、キャンサーエコシステムの一環として、ここ数年でがんに関するヘルスケア事業で様々なステークホルダーとの連携・協業を一気に加速しています(関連記事:協働による「キャンサーエコシステム」で、がんにトータルで向き合う)。

 もちろん、がん保険もキャンサーエコシステムの一環として提供する価値の一つです。45年以上、がん保険を提供してきたアフラックだからこそ、コアビジネスでの経験を生かしてがんに関するヘルスケア事業で新たな価値を創造できるのではないかと考えています。また、多くの方々に「がん保険はアフラック」という認知をいただいており、がんに関わる社会的課題の解決をアフラックと一緒にやりたいと言っていただける大学・研究機関や企業も多くなっています。ですから、このキャンサーエコシステムは、「アフラックがやらなくて、どこがやるんだ」という強い思いを持っています。