24歳でiPS細胞を使った“ミニ肝臓”の作製に世界で初めて成功し、31歳で横浜市立大学医学部と東京医科歯科大学の史上最年少教授に就任した武部貴則氏。現在34歳の若きホープが再生医療研究と並んで熱心に取り組んでいる領域が、もうひとつある。それが、デザインやコミュニケーションの力を駆使して、人々を自然に健康的な行動へと促す「ストリート・メディカル」の実践だ。従来の医学にはなかったユニークな発想と異分野との協働から、新しい医療の形が生まれつつある。同氏へのインタビューを通して、その実例を紹介していこう。

 武部教授らが世に送り出したストリート・メディカルの実践例は数多くあるが、なかでも「なるほど、その手があったか!」と、医療関係者を含む多くの人を唸らせたのが、2014年に発表された「アラートパンツ」だろう(下写真)。

太ると色が変わって、メタボの危険信号を発し続ける「アラートパンツ」。“病気”や“予防”といった医学的な理屈からではなく、“体型”や“下着”という、より生活に密着した切り口から健康行動へと誘う。アラートパンツは、体に最も近い、究極のウェアラブル・ヘルスケア・デバイスともいえる(写真提供:横浜市立大学 先端医科学研究センター コミュニケーション・デザイン・センター)
武部教授(写真:稲垣 純也、以下同)

 これはメタボリックシンドロームの基準値である腹囲85cmを超えると、色が変わるパンツ。もともとは濃い緑色をしているが、太ってくると繊維が伸びて黄色に変わる仕組みだ。体型の変化が一目瞭然なので、いやでもメタボ化の事実を意識し、「痩せよう!」という気持ちにさせられる。

 「数十人のメタボの人にインタビュー調査をしたところ、みなさん、体調よりも体型に関わることへの関心が高く、それがダイエットに取り組もうと思うきっかけにもなっていることがわかった。そこで『体型を可視化する下着はメタボ予防につながるか』という仮説を立て、広告やデザインを専門とするクリエイターたちとコラボして、このアラートパンツを作った。発表後、試作したパンツはすぐに売れ、学会などでも注目された。現在は企業と連携し、商業化に向けた準備を進めている」と武部教授。

 健康診断などで医師からメタボの危険性と生活改善の必要性を説明されても、人はなかなか動かない。「まだ大丈夫だろう」「もう少し悪くなったら真剣に考えよう」などと、どこかまだ他人事だ。それを最も身近な下着を通して外見悪化の気づきにつなげ、“自分事”として受け止めてもらって健康的な行動へと促していく。「自然とダイエットしたくなる」「知らぬ間に健康への意識が芽生える」。そんな「自然と~」「知らぬ間に~」といった行動変容に導くことが、アラートパンツの真の狙いなのだ。