「救急医療の現場は、圧倒的にデジタル化から取り残されています」──。現役の救急医であり、千葉大学医学部発のベンチャー「Smart119」の代表取締役を務める中田孝明氏は、日本の救急医療の実情についてこう話す。その結果生じているのが、アナログ情報のリレーによる「情報伝達の齟齬」や、患者の搬送先が見つからない「たらい回し」などだ。こうした課題をテクノロジーの力で解決すべく立ち上げた同社が手掛けるシステムは、実際に千葉市消防局での活用が始まり、救急医療を大きく変えようとしている。

「たらい回し」と「伝言ゲームで正確に伝わらない」を解決

 千葉大学発のベンチャー「Smart119」が開発中の「脳卒中予測アルゴリズム」の研究論文が、2021年10月にイギリスの科学雑誌「Scientific Reports」に掲載された。患者の容体から脳卒中の可能性や病状を導き出す脳卒中予測アルゴリズムは、同社の救急出動支援システム「Smart119」を導入している千葉市消防局の救急車に本年度中に実装される見込みだという。

 Smart119を代表取締役として率いているのは、千葉大学医学部附属病院の救命救急センターで救急医療に携わる現役医師、中田孝明氏だ。

 「医療技術はめざましい進歩を遂げていますが、救急医療の現場は驚くほど時代遅れです。搬送の過程で、伝言ゲームのように話が食い違い正しい情報が伝わらない、患者さんのたらい回しが起きる。そういった問題点の背景には、時代に取り残されたアナログのシステムを『これこそが正しい』と押し通してきた柔軟性のなさがあります。私は、医者だけで医療を変えられるとは思っていません。日本には優秀なエンジニアが多数います。テクノロジーと医療を結びつけることによって現場の問題を解決できるのではないかと、2018年にICTの専門家たちと手を組んでSmart119を立ち上げ、研究・開発を行ってきました」と語る。

 デジタル化の遅れはどの程度で、救急医療現場ではどのような問題が起こっているのか。

 「世の中でIT化が進む前のシステム、例えば紙に書かれて貼り出された連絡網やファクスのやりとりがいまだに通常モードだったりします。ところが現実世界では、私の子どもと親、つまり小学校低学年の孫とその祖父はLINEでやりとりをするのが当たり前です。比べると、救急医療は世間から何周も遅れています。時間的ロスが命取りになる現場だからこそ、根本的な仕組みを変えていく必要があると強く感じました」(中田氏、以下コメントは全て同)

 中田氏らが提案した「救急の現場にて傷病者が早く正しい医療を受療できる技術開発プロジェクト」(2016年)、「救急医療予測アルゴリズム研究開発」(2019年)は、いずれも日本医療研究開発機構(AMED)の研究開発課題として採択されている。