買い物をするだけで栄養バランスがわかり、食生活の改善につながる──。そんな栄養管理アプリ「SIRU+」(シルタス)を活用した実証実験が静岡県藤枝市で2021年2月にスタートした(関連記事:買い物をするだけで食生活を改善!? 藤枝市で実証実験)。その結果、野菜の購買点数の増加、食塩相当量の摂取の減少など、食生活の改善が見られたという。こうした結果を踏まえ、対象者を広げ、期間と実施店舗を拡大させた実証実験を同年8月に開始した同市。市長の北村氏に、その背景や狙いを聞いた。

(聞き手は小谷 卓也=Beyond Health)

藤枝市における健康増進の取り組みについてお聞かせください。

 行政を預かる立場として、最大の責務は市民の皆さんが幸せに暮らせることです。幸せとはすなわち、毎日を安全・安心に過ごすことにほかなりません。その暮らしを実現するため、藤枝市では「4K施策」を掲げています。これは健康、教育、環境、危機管理の頭文字を取ったものです。

 健康は、4K施策の中でも重要項目。なぜなら健康は、すべての源だからです。健康でなければ仕事への意欲が湧いてきませんし、人生を楽しく過ごすこともできません。市民の皆さんが健康ならば、藤枝市そのものが健康になります。逆に言えば、街が健康ならば市民の皆さんが健康で暮らせるということです。

 この観点から、「“まち”と“ひと”が元気な健康都市・藤枝」を目指すべき姿に定め、現在「第2期ふじえだ健康都市創生総合戦略」を展開しています。その中心となる取り組みが「“健康・予防日本一”ふじえだプロジェクト」です。

藤枝市長の北村氏(写真:上野 英和、以下同)
藤枝市長の北村氏(写真:上野 英和、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 また藤枝市には、1984年(昭和59年)に自治会組織を基盤として発足した保健委員制度があります。保健委員は各自治会、町内会に配置され、その数は1000人近くにも上ります。そこではお互いに健康について話し合い、地域ぐるみで健康に対する意識を高めています。さらに、健康づくり食生活推進協議会が「食」を通じた健康づくりの推進を行っています。