iPS(induced pluripotent stem)細胞とは、皮膚や血液などに分化した細胞を初期化(リプログラミング)し、受精卵のようにどんな細胞にでも分化できる「多能性」を持たせた細胞をいう。「人工多能性幹細胞」と訳されることも多い。

 そもそもiPS細胞のような、こうした能力のある細胞を作ることは不可能に近いと見なされてきた。どんな細胞にでもなれる受精卵とは、卵子と精子が融合して生まれる全ての大元になる細胞だ。受精卵にはあらゆる細胞に分化していける多能性があるあるわけだが、各臓器を構成する分化しきった細胞は、基本的にはこうした多能性が失われると考えられてきた。本来であれば失われてしまう、そうした多能性を取り戻したのがiPS細胞である。

線維芽細胞から樹立したヒトiPS細胞のコロニー(集合体) コロニーの横幅は実寸約0.5ミリメートル(写真:京都大学教授 山中伸弥氏)

 iPS細胞が初めて作られた場所は日本だった。2006年、京都大学教授の山中伸弥氏がマウスのiPS細胞の樹立成功を発表。翌2007年にヒトiPS細胞の樹立に成功した。こうした功績を受けて、2012年、山中氏はノーベル生理学・医学賞を受賞する。

 再生医療は、病気や事故で損なわれた組織や機能を、自分自身の細胞や他人の細胞を使って元通りに再生させることを目標とする。例えば、目の網膜細胞が失われたとすれば、自分や他人の皮膚の細胞を初期化してiPS細胞を作り、それを網膜細胞に分化させて目に移植する。従来、同様の治療を行うとすれば、脳死状態に至ったドナーの網膜細胞を取ってきて移植する必要がある。この手法の場合には、他人の細胞に対する拒絶反応が起きるために、細胞がうまく定着しない可能性が高くなる。仮に定着が可能だとしても、免疫抑制薬によって拒絶反応を抑える必要がある。拒絶反応を完全に抑えることは難しい上に、感染症にかかりやすくなるなどの副作用も問題となる可能性がある。実際、そのような網膜移植は研究段階であり非現実的。それがiPS細胞を使うことで現実に日本において臨床研究として行われている。文字通り不可能を可能としたことになる。