ICTなどのテクノロジーを活用し、保険サービスの効率や収益性を高めたり、革新的な保険サービスを生み出したりすること。Insurance(保険)とTechnology(テクノロジー)を掛け合わせた造語である。テクノロジーを駆使して新たな金融商品やサービスを生みだすFinTech(フィンテック)の保険業界版と言える。

 ヘルスケアに関連するインシュアテックの具体的な取り組みとしては、(1)ICTを用いて加入者の健康状態や日々の活動を計測して保険料に連動させる、(2)スマホアプリや健康増進プログラムを提供し加入者の日々の健康を支援する、(3) 事業パートナーとなり得るヘルスケアベンチャーを支援したりサービス開発で連携したりする、などが見られる(図)。ヘルスケアベンチャーに限らず、健康機器メーカー、薬局、異業種企業、広告代理店など、様々な業種との連携を模索する保険会社が目立ち始めてきている。

図●ヘルスケアに関連するインシュアテックの取り組みの例(図:Beyond Healthが作成)

 こうした動きが加速している背景は幾つかある。まず、高齢化や医療費増大を受けて、健康増進を軸とした予防医療の重要性が高まっていること。いわゆる医療や介護の領域では公的保険が存在し、それを軸にビジネスモデルが回っているが、予防医療の領域ではこうした存在がない。そこで、期待が寄せられているのが、民間保険の役割というわけだ。

 次に、保険業界自体が、従来のビジネスモデルからの脱却を図ろうとしていること。万一の備えとしての商品を提供し、加入者との接点は契約時や給付金支払い時などに限られてきたのに対し、加入者の日常に寄り添い、生涯にわたって健康を支える存在にシフトチェンジを図ろうとしているのだ。そして、こうしたビジネスモデルを実現するための、ICTなどのテクノロジーを低コストで利用できるようになったり、加入者の健康状態・運動状態をリアルタイムに捕捉できたりするようになってきたことも、保険業界を後押ししている。

 保険会社にとっては、加入者を健康にすることは保険金の支払いを減らすことにも直結し、強いモチベーションが働く。こうした動きは、今後の健康寿命延伸産業に大きくかかわってくるとみられており、大きな注目が集まっている。

(タイトル部のImage:Goss Vitalij -stock.adobe.com)