黄体期と呼ばれる月経の3~10日前に心身に不快な症状が現れること。イライラや落ち着きのなさ、憂うつといった精神的症状や、頭痛や肩こり、腰痛、下腹部膨満感、便秘、下痢などの身体的症状が代表的である。月経が発来すると減衰または消失するのが特徴。発症原因は不明だが、黄体ホルモンが誘因であると考えられている。

表1●PMS(月経前症候群)の診断基準(表:産婦人科診療ガイドライン-婦人科外来編2017を基にBeyond Healthが作成)

 PMSを診断するに当たり、日本では米国産科婦人科学会(ACOG)の診断基準を用いる。具体的には、過去3回の連続した月経周期において、それぞれ月経前5日間に精神的または身体的症状のいずれか一つが確認できればPMSと診断できるとされている。対象となる症状は、表1の通り。

働く女性の約7割がPMSを経験

 「産婦人科診療ガイドライン-婦人科外来編2017」によると、日本では生殖年齢女性の約70~80%が月経前に何らかの随伴症状を経験しているという。日本医療政策機構の「働く女性の健康増進調査2018」では、調査対象者のうち66%がPMSの症状を経験したことがあると回答したが、そのうち63%がPMSに対する処置を「何もしなかった」と答えている。

 さらに、月経随伴症例のうち、月経前に精神的症状が強く現れる場合はPMDD(月経前気分不快障害)と診断される。著しい感情の不安定性がみられるなどの診断基準が定められており(表2)、国内の生殖年齢女性では、1.2%の頻度で起こると報告されている。

表2●PMDD(月経前不快気分障害)の診断基準(表:産婦人科診療ガイドライン-婦人科外来編2017を基にBeyond Healthが作成)