スマートフォンアプリやテレビ電話などを使って、遠隔で行うリハビリテーションのこと。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、新しい生活様式への適応が求められている中、これまで施設に通って行っていたリハビリテーションを自宅で行うためのサービスが登場し始めている(関連記事:自宅で運動やリハビリ、人事や産業医は遠隔で健康把握)。

 オーダーメイド型リハビリ施設「AViC THE PHYSIO STUDIO(エービック ザ・フィジオ・スタジオ)」を運営する豊通オールライフは、同施設の利用者を対象に、テレビ電話や電話を利用したオンラインリハビリ相談サービスの提供を2020年6月15日に開始した。自宅にいながら効果的なリハビリテーションを受けてもらうことを狙う。

 オンラインリハビリ相談サービスでは、リハサクが手掛けるクラウド型Webサービスを活用し、500種類の運動メニューの中から利用者の状況を加味したオーダーメイドのメニューを作成する。利用者はスマートフォンやタブレット端末で運動メニューの動画を確認しながら、自宅でリハビリテーションをすることができる。

オンラインリハビリ相談サービスの概要(出所:豊通オールライフのプレスリリース)

 テレビ電話や電話をしながら、セラピストがリアルタイムで助言することもできるため、自宅でも施設と遜色ないリハビリテーションを行える可能性がある。豊通オールライフがオンラインリハビリのサービスを開始したのは、「遠隔地から施設に通っているため、継続して店舗に通うのが難しい」「自宅でも質の高いリハビリを継続したい」という声が届いたからだという。

 筑波大学発のスタートアップ企業であるExultは、高齢者を対象にしたオンラインリハビリのサービスを2020年4月に開始した。同社はこれまで、生活習慣病の予防に特化した店舗型のサービスを展開してきた。今回、オンラインリハビリの提供を開始したのは、COVID-19の感染拡大を受けて、外出を自粛する高齢者の筋力が低下してQOLが下がることを課題視したからだ。

 理学療法士などがテレビ電話や電話で相談を受け付けており、希望者には運動指導を行うこともできる。具体的には、一人ひとりの体力や悩みに合わせて組み立てた運動メニューや生活習慣プログラムをスマートフォンやタブレット端末を使って指導する。「立つのが難しい」「歩くとふらふらする」「肩や腰が痛い」といった悩みに対応しているという。