英語表記(Activity Based Working)の頭文字を取ってABWとも呼ばれる。文字通り、働く人のアクティビティ(活動)に基づき、それにふさわしい場所や設備、時間などを選んで生産性を高める働き方のこと。勤務形態やオフィスの空間づくり、設備の使い方など幅広い文脈でこの言葉は使われているが、共通した目的は「働き方を改善することで仕事の成果を効率的に高めよう」というところにある。国内で政府主導の働き方改革が進む中で注目されてきたが、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、より関心を集めている。

活動内容から働き方を見直す

 働き方を考えたときに、職種や肩書き、雇用形態など、組織での役割や階層から捉えるアプローチではなく、ABWでは、それらの区分けをあえて脇に置いて、どのような活動をしているかで仕事を捉えるのが特徴だ。

 具体的には、集中して作業をするのか、議論をするのか、電話会議をするのか、あるいは休憩するのか。このように活動(アクティビティ)によって仕事を捉え直すことにより、それぞれの活動に合った働く場所や時間を最適化する。例えば、集中して作業する場合には、オフィスでもいいが、自宅で行った方が効率は高まると考える。紋切り型に「パート職員は出社しなければならない」などと決めつけず、仕事の成果が最も上がる働き方を個人の活動内容によって決めていくのがポイントだ。

 ABWの発想はオランダで生まれた。同国では1990年代に経済危機を迎え、現在日本でも進むような労務政策の改革を矢継ぎ早に進めていた。同一労働同一賃金、テレワークの導入、パートタイマーの拡大などだ。人的資源をより有効に活用する必要性に迫られたことから、より仕事の効率を高めるために、働き方を改善していく視点として注目されたのがABWだった。

 ABWのコンサルティングをオランダで展開してきた会社、ヴェルデホーヘン(Veldhoen + Company)では、10種類に活動を分類して、それに合わせてふさわしい仕事の場所を提案している。

仕事を10種類の活動に分け、最も生産性の高い場所との組み合わせを考える(提供:イトーキ)

 10種類の活動とは、「高集中」「コワーク」「電話/WEB会議」「2人作業」「対話」「アイデア出し」「情報整理」「知識共有」「リチャージ」「専門作業」──。例えば、「コワーク」は高い集中力を要しない作業を指し、その効率を上げるためにはオフィスに限らず、街中のカフェなどで仕事をした方が効果が高まると提案する。「リチャージ」は休憩のことで、働く上で必要な活動の一つに位置づけているのは特徴的だ。