Beyond Healthが描いた、2030年に実現しているべき未来の住宅。

 Beyond Healthは現在、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会を描くためのビジョンとして「空間×ヘルスケア 2030」を提案している。同時に、それを実現するための新プロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」をスタートさせた(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。

 同プロジェクトでは、2030年に実現を目指す「空間」をイメージして、イラストで分かりやすく表現した未来の旗印(Visionary Flag)を示していく。第1弾として掲げた3つの旗のうちの一つが、Beyond Homeである。その他に、「Beyond Office(未来のオフィス)」と「Beyond Pharmacy(未来の薬局)」という旗を掲げている。

Beyond Healthが、2030年に実現しているべき「住宅」空間をイメージしてイラスト化したBeyond Home(未来の住宅)(イラストレーション:©kucci,2020)

 Beyond Homeには大きく3つの要素がある。(1)生体データや行動データ、環境データなどあらゆるデータを測定・蓄積する、(2)データを活用して健康に導く働きかけをする、(3)命を守ったり健康を増進させたりする仕掛けを施す、である。

 これにより、住宅は単に寝食する空間ではなく、意識的または無意識的に健康を作り出せる空間になる。もちろん、対象は高齢者や病気を抱える人だけではなく、健康な人も意識した住宅である。イラストはあらゆる要素を一つの住宅に盛り込んだため巨大な空間になっている。実際には、状況に応じて一部の要素だけを取り入れることが想定される。また戸建て住宅に限らない。集合住宅であれば、住戸部分と共用部に分けて機能実装するのも効率的だろう。

 イラストに盛り込んだ具体的な内容の説明については、こちらの記事を参照されたい。

(タイトル部のImage:Goss Vitalij -stock.adobe.com)

【10月15日開催!】オンライン配信(無料/事前登録制)
日経クロスヘルスEXPO2020
≪Beyond Health特別セッション≫

「TRON」を発明し、30年にわたって「電脳住宅」を手掛ける坂村健氏、住宅行政・建築行政を担う国土交通省の石坂聡氏と共にパネル討論を実施。詳細はこちら