実用化に向けたシーズ豊富に

 腸内細菌の研究は、ここまで見てきたように、整腸作用といった腸に対する効果にとどまらず、全身のさまざまな病気や健康との関係から活発に研究が進められている。

 こうした研究に基づいて実用化も進んでいる。もともとプロバイオティクスのように食品分野で活用されているほか、前述のように、クロストリジウム・ディフィシル感染症のように医療現場で実用化されていた。さらに、腸内細菌を検査するサービスとして商業化されているものなども出ている。基礎研究段階のシーズはまだ多数存在している。実用化に向けた動きはさらに増えてくるものと想定される。


(タイトル部のImage:Goss Vitalij -stock.adobe.com)