Z世代とは、1990年代後半~2000年頃までに生まれた世代のこと。生まれ年は明確に定義されておらず、解釈の幅が広いが、1981~1996年に生まれたミレニアル世代(Y世代)の次の世代を指している。

 Z世代の大きな特徴は、生まれた時からインターネットやデジタルツールが当たり前に使える環境が整っていた点である。ミレニアル世代は、テクノロジーが日常生活に浸透し始めた時代に育ったのに対し、Z世代はインターネットが普及した後の時代に生まれている。いわば、“デジタルネイティブ”というわけだ。

 例えば、Z世代が小学生だった2007年頃には、“ネットいじめ”が社会問題となった。携帯電話やインターネットが普及したことで、メールで悪口を言われたり、掲示板やブログ上に悪口や中傷の書き込みをされたりするという被害が目立つようになったのだ。

 このほか、Z世代が10~14歳だった2010年には米Apple社が「iPhone4」を発売し、2011年頃からは「Facebook」が世界的なブームとなった。つまり、幼少期からインターネットが身近な存在だった上、10代でスマートフォンやSNSが当たり前の存在になっていた。

 生まれ育った時代の違いから、Z世代には他の世代には見られない特徴があるという。

 その一つが、SNSやツールに応じて自分の“顔”を使い分けるという点である。スタートアップのミッドナイトブレックファスト パートナーの岡橋惇氏は、「Z世代は自ら情報を収集し、個性を編集して発信することが当たり前になっている」と話す。一方で、さまざまな顔を使い分けるために、「自分らしさが分からない」という状態に陥ってしまうという課題もある。