東証市場再編とは、東京証券取引所における市場区分の見直しと、それに伴う上場基準の改編などの総称。2022年4月、東証は現在の市場第一部(東証1部)、市場第二部(東証2部)、マザーズ、ジャスダックの4市場を廃止し、新たにプライム市場、スタンダード市場、グロース市場を開設、再編する。これまで曖昧な面もあった市場ごとの役割(コンセプト)を明確にすることで、企業の経営努力を促し、市場の魅力を高めることが目的。企業経営にも大きな影響を与えることになりそうだ。

東証の新市場区分と主な上場基準(2022年4月予定)

(1)プライム市場=グローバルな投資家との建設的な対話を中心に据えた企業向けの市場。流通時価総額100億円以上など

(2)スタンダード市場=公開された市場における投資対象として十分な流動性とガバナンス水準を備えた企業向けの市場。流通時価総額10億円以上など

(3)グロース市場=高い成長可能性を有する企業向けの市場。流通時価総額5億円以上など

 再編のポイントを掴むため、下図に新市場区分への移行イメージを示した。まず注目したいのが最上位市場であるプライム市場の位置づけだ。現在、東証1部にいるからといって、プライム市場に移れるとは限らない。プライム市場は時価総額(流通時価総額)100億円以上、売上高100億円以上など厳しい基準が設けられるなどのためで、スタンダード市場への指定替えを余儀なくされる企業が多数出るとの見方もある(ただし、移行時にプライム市場の基準に達してない企業も一定の経過措置が取られる予定)。

 一方、現在マザーズとジャスダックの2つがある新興市場は、グロース市場に一本化される。新市場はマザーズに比べ、株主数や時価総額などの上場基準が緩和されることから、上場がしやすくなるとの見方が強い。スタートアップやIPO(新規株式公開)に関心がある人なら、このグロース市場の動きに注目しよう( ただし、グロース市場からプライム市場へ移る基準は厳しくなる)。

 スケジュールについても押さえておこう。現在上場している企業は、2021年6月30日を移行基準日として、9月~12月の間に新市場区分を選択、東証に申請。2022年1月に東証により選択結果が公表され、4月4日に一斉移行される予定だ。

新市場区分への移行イメージ
新市場区分への移行イメージ
[画像のクリックで別ページへ]

(タイトル部のImage:Goss Vitalij -stock.adobe.com)