アピアランスケアとは、がんやがん治療に伴う外見(アピアランス)の変化に関して、患者の苦痛を軽減するために行うケアのこと。国立がん研究センター中央病院 外見関連患者支援チーム(現アピアランス支援センター)が作成した言葉。

 外見の変化といっても、治療方法やがんの種類によって変化の表れ方は異なる。一例として、髪の毛やまつ毛、眉毛が抜けたり、爪が変色・変形したり、体がむくんだりするといった変化が起こり得る。

 ただし、アピアランスケアは、外見の変化が表れた全ての患者に行うものではない。あくまでも、自身の外見の変化を気に病んでいたり、外見が変化することが不安で治療に後ろ向きになったりする患者に対して行うケアである。治療前の外見に戻すことを目指しているわけではなく、外見に関する悩み事や不安を軽減し、前向きに自分らしく過ごせるよう支援することを目的としている。

 ケアの方法は、患者一人ひとりの悩みや状況に応じて多岐に渡る。国立がん研究センターのアピアランス支援センターでは、ウィッグや化粧品などの使い方を教えたり、場合によっては皮膚科や形成外科の治療と連動したりしているという。相談内容や患者を取り巻く環境・バックグラウンドによっては、ウィッグやつけまつげなどの道具を使用せずとも、ケアを行える場合もある(関連記事:そのウィッグ、本当に必要ですか?