マイオカインとは、骨格筋(筋肉)から分泌される生理活性物質(サイトカイン)の総称。ギリシャ語のmyo(筋)とkine(作動物質)を組み合わせて作られた造語だ。近年、研究が進み、「運動と健康」の仕組みを解明するカギとなる物質として注目を集めている。

 マイオカインが広く知られるきっかけとなったのは、2003年にデンマークのペダーセン教授がマイオカインの一種、IL-6を発見したことに始まる*1。それまで、運動が健康をもたらすことは複数の疫学調査によって明らかにされてきたが、なぜ運動が健康をもたらすかについては未解明の部分が多かった。そこで研究のターゲットとなってきたのが骨格筋だ。骨格筋は体重の約40%を占める人体最大の臓器で、身体活動を支えるとともに、血液中の糖や脂質の多くを消費する「代謝臓器」でもあるからだ。

 そしてこの骨格筋はマイオカインの分泌臓器でもある。2003年に「マイオカイン」が定義づけられて以降、発見されているマイオカインは数十種に及ぶ。マイオカインは骨格筋が運動や活動によって収縮するときに分泌され、筋肉だけでなく全身の臓器や組織とコミュニケーションをとり、機能を調節していることが分かってきた。

 日常的にしっかり動いている人は健康や若さを保つマイオカインが分泌する一方、動かない状態でいると、老化や病気の予防に役立つ“善玉”のマイオカインは減少し、筋肉の萎縮を進める“悪玉”のマイオカインが増えてしまうことも分かってきた。

 いくつか、代表的なマイオカインを紹介しよう。

 IL-6、イリシンは、糖や脂質の代謝に深く関わり、筋肉中で糖や脂質の代謝を高めるだけでなく、膵臓でインスリン分泌を高めたり、脂肪組織を燃えやすい褐色脂肪細胞に変えるなど、筋肉以外の臓器でも働くことが見いだされてきた。

 筋肉の合成や修復に関わるのが、同じくIL-6やIL-4などのマイオカイン。筋肉の合成は、(1)筋肉の合成を高めて筋肉量を維持する、(2)筋肉のもとになる赤ちゃん細胞である「サテライト細胞」を活性化し筋肉を修復する、という2ルートで起こるが、加齢により筋力が低下するサルコペニアではサテライト細胞が減少することが分かっている。加齢や女性ホルモン低下によって、筋肉の萎縮を進める悪玉マイオカインであるミオスタチンが増えることも報告されている。これらマイオカインをうまく用いれば、サルコペニア予防に役立つ可能性がある。

 マイオカインはがんとの関わりも注目される。米国の報告書では、大腸がんリスクを減らすための生活習慣として「身体活動」が唯一「確実に効果的」と位置づけられている*2が、そこに関わるとされるのがマイオカインの一種、SPARCだ。SPARCは加齢により低下するが運動によって増える。運動すると筋肉中で増えたSPARCが血流を介して腸に到達し、大腸がんの芽になる細胞を認識しアポトーシス(細胞死)に導くことが動物実験や細胞の培養試験によって確認されている*3

 日々活動することは、健康や老化、老化にともなう疾患に大きな影響をもたらしている。今後、マイオカインの詳細メカニズムの解明がさらに進めば、マイオカインが関わる病気の治療を目的とした創薬や、バイオマーカーの発見などが加速していきそうだ。

*1 J Appl Physiol (1985). 2007 Sep;103(3):1093-8.
*2 J Nutr. 2020 Apr 1;150(4):663-671.
*3 Gut. 2013 Jun;62(6):882-9.

(タイトル部のImage:Goss Vitalij -stock.adobe.com)