男性更年期障害とは、男性に生じる更年期障害のこと。更年期障害というと、閉経前後にエストロゲン(女性ホルモン)が減ることによって起こる、女性特有の症状と思われがちだが、中高年男性でもテストステロン(男性ホルモン)の減少に伴って不調が発生、男性更年期障害(加齢性腺機能低下症、またはLOH症候群、LOHはLate-Onset Hypogonadismの略)と呼ばれる。

 男性更年期障害の症状としては、女性と同様にイライラや無気力感、不眠、ほてりや発汗のほか、ED(勃起障害)、糖尿病や肥満、メタボリックシンドロームなどがある。テストステロンは筋肉や骨格など男性らしい肉体をつくるはたらきがあるため、減少するとサルコペニア(筋肉の減少)とも関連、精神面や認知機能にも影響する。

 女性の場合、エストロゲンは急激に減少し、閉経後5年ほど経つと症状が落ちつくため、更年期障害が起こる年齢は45~55歳前後が目安になるが、男性はテストステロンの減少スピードや度合いに個人差が大きく、40代以降いつでも症状が起こりうる上、長期間続く可能性もある。

 血液検査で男性ホルモン値が低く、男性更年期障害と診断された場合には、運動や食など生活習慣指導で症状の改善が見られるほか、漢方薬やED治療薬、抗うつ薬などが処方され、テストステロン補充療法も行われる。

(タイトル部のImage:Goss Vitalij -stock.adobe.com)