ヘルスケア分野におけるエコシステムの構築を目指す取り組みの一環として、2015年にスタートした経済産業省主催の「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト(略称:JHeC)」。第7回目となるJHeC2022は、最終プレゼン審査を2022年1月14日に予定している。

 その最終プレゼン審査への出場をかけた一次プレゼン審査が、「日経クロスヘルスEXPO 2021」内で実施された。コロナ禍の現状を踏まえて、事前の書類審査を通過した参加者が、すべてオンラインで発表する形式を採った。

審査会場の様子(写真:寺田 拓真)
審査会場の様子(写真:寺田 拓真)
[画像のクリックで別ページへ]

 一次プレゼン審査は、アイデアコンテスト部門とビジネスコンテスト部門が2日に渡って実施された。本記事では、15組がしのぎを削ったビジネスコンテスト部門の一次プレゼン審査の様子を紹介していく(アイデアコンテスト部門の一次プレゼン審査の様子はこちら)。

 冒頭、経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 課長補佐の高橋久美子氏が登壇。同省が2021年10月20日に発表した第3次「J-Startup」について触れた(第3次「J-Startup」の詳細はこちらの記事を参照)。今年選定された50社の中には、JHeC2021のビジネスコンテスト部門でグランプリを受賞したMagic Shieldsが含まれていることを挙げ、エコシステム全体で「成功事例を作っていくことが非常に大事だ」と語った。

経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 課長補佐の高橋久美子氏(写真:寺田 拓真)
経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 課長補佐の高橋久美子氏(写真:寺田 拓真)
[画像のクリックで別ページへ]

 以降では、ビジネスコンテスト部門に登壇した15社によるプレゼンの概要を、登場順に伝えていく。

●Raise the Flag.

Raise the Flag. 代表取締役CEO 中村猛氏
Raise the Flag. 代表取締役CEO 中村猛氏
[画像のクリックで別ページへ]

 Raise the Flag.は現在、視覚障がいをサポートする多彩な機能を搭載したアイウェア「RtFグラス」を開発している。メガネ型デバイスのRtFグラスは、視力に頼ることなく感覚的に周囲の様子を正確に認識できるコア機能を備えるほか、録画やテキスト読み上げ、視線先の色再現などの機能も搭載し、メガネのツル部分を軽くタップすることで機能を切り替えられる。

 コア機能の開発にあたって同社 代表取締役CEOの中村猛氏が着目したのは、視覚障がい者の約9割が「自由に動かせる眼球」を有していること。これを踏まえ、ステレオカメラを中心とするさまざまなセンサーから得られる信号を演算処理し、視線先対象物までの距離を振動や音響でフィードバックすることで、視力を使わずに周囲の環境を認識できるシステムを開発した。

 RtFグラスのいくつかの機能やバージョンアップは、スマートフォンを介して行う仕組みとなる。中村氏によれば、障害特性に合わせた細かなセッティングを施すことで「すべての視覚障がいに対応できる」とのこと。さらに、すでに大手メガネチェーンと業務提携しており、販売や初期セッティング、メンテナンスなどを「地域格差なく実施できる体制も構築できている」と付け加えた。