ヘルスケア領域のオープンイノベーションを推進する事例として注目を集めている弘前大学COI(関連記事:最終年度を迎える「弘前大COI」、これが今後の戦略)。様々な業種の企業が参画し、同COIの強みである「超多項目健康ビッグデータ」などを活用した共同研究を進めている。「日経クロスヘルス EXPO 2021」(主催:日経BP)では、同COIに参画している主要6社(花王/クラシエホールディングス/サントリー食品インターナショナル/カゴメ/ハウス食品グループ本社/味の素)が同COIにおける取り組みや得られた成果などを発表した。以降では、その概要を順に紹介していく。

冒頭では弘前大学 健康未来イノベーションセンター(医学研究科附属)副センター長 教授/COI副拠点長の村下公一氏が弘前大学COIの概要を説明した
冒頭では弘前大学 健康未来イノベーションセンター(医学研究科附属)副センター長 教授/COI副拠点長の村下公一氏が弘前大学COIの概要を説明した
[画像のクリックで別ページへ]

●花王

花王 ヘルス&ウェルネス研究所 主席研究員の森健太氏が説明
花王 ヘルス&ウェルネス研究所 主席研究員の森健太氏が説明
[画像のクリックで別ページへ]

 超多項目健康ビッグデータの解析において、内臓脂肪と関係する腸内細菌の網羅的な探索を行った結果、「Blautia菌」と呼ぶ腸内細菌を発見。さらに、内臓脂肪が多い人は男性でも女性でもBlautia菌が少ないという結果を得た。

 Blautia菌は誰しもが持っている菌ではあるが、内臓脂肪が少ない人は男性でも女性でも逆にBlautia菌が多いことも判明。すなわち性差なく、内臓脂肪蓄積と相関する唯一の腸内細菌を発見したことになる。弘前大学COIでの取り組みによって、食べる、動く以外でも内臓脂肪を制御できる可能性がある腸内細菌を発見するという、大きな成果を得た。

●クラシエホールディングス

クラシエホールディングス 経営企画室 企画部R&D戦略推進チームリーダーの稲益悟志氏が説明
クラシエホールディングス 経営企画室 企画部R&D戦略推進チームリーダーの稲益悟志氏が説明
[画像のクリックで別ページへ]

 冷え性とフレイル(虚弱)は未病そのもので、QOLの低下を引き起こす。冷え予防の観点からフレイル予防の早期介入ポイントを明らかにするのが、同社の取り組み。岩木健康増進プロジェクト健診において、冷えの評価として3つの測定項目と計測機器を使用。指先の体温は非接触体温計、指先の毛細血管画像は毛細血管スコープ、指先の血流はレーザー血流計を用いた。さらに質問表を用意。冷えの自覚と冷え特有の行動をスコア化して冷えを判定した。

 その結果、男性は年齢が高くなると冷え性となり、女性は30代、40代で冷え性が多く、年齢が高くなると減少。男女で異なる冷え性の実態が判明した。さらに、冷え評価と多層的ビッグデータの解析により、「冷え」と「未病状態」を同時に検出可能な技術を開発。特許登録もされたこの技術を用いて、健康であり続けるために一人ひとりに最適なサービス、商品の提供を目指している。