Beyond Healthは2021年10月22日、日経クロスヘルスEXPO 2021において特別セッション「これが近未来の新市場『空間×ヘルスケア 2030』の全貌」を実施した。同EXPO全体のオンライン開催に伴い、本セッションもオンライン配信の形で展開した。

セッションはオンラインで配信(写真:加藤 康)
セッションはオンラインで配信(写真:加藤 康)
[画像のクリックで別ページへ]

 今回のセッションのテーマである「空間×ヘルスケア 2030」は、「健康で幸福な人生100年時代を創る」ためのビジョンとしてBeyond Healthが掲げているもの(関連記事:【特集】空間×ヘルスケア 2030)。健康で幸福な人生100年時代の実現には、日常生活で健康を作り出せる空間の社会実装がカギとなる。本セッションでは、Beyond Healthが描いた2030年に実現すべき空間(住宅、ワークプレイス、モビリティ、薬局…)を解説しながら、イノベーションの起こし方や他産業との異業種連携、社会実装への道筋について、以下の登壇者で議論した。

[パネリスト]
・前・経済産業大臣政務官 兼 内閣府大臣政務官 兼 復興大臣政務官、参議院議員 佐藤啓氏
・奈良県立医科大学 MBT(医学を基礎とするまちづくり)研究所 副所長(研究教授) 梅田智広氏
・日経BP 総合研究所 戦略企画部長 高橋博樹
[モデレーター]
・日経BP 総合研究所 Beyond Health編集長 小谷卓也

セッションの様子(写真:オンライン配信画面のキャプチャー)
セッションの様子(写真:オンライン配信画面のキャプチャー)
[画像のクリックで別ページへ]

 セッションの前半では、各パネリストがそれぞれショートプレゼンを実施。まず日経BPの高橋が、今回のテーマである「空間×ヘルスケア 2030」について解説。前・経済産業大臣政務官の佐藤氏は、経済産業省としてのヘルスケア産業に対する政策や、同氏が事務局長を務める「明るい社会保障改革推進議員連盟」が打ち出した提言などを示した。

 奈良県立医科大学の梅田氏は、同氏がかねて取り組んできたMBT(医学を基礎とするまちづくり)と、そのコア技術やノウハウを生かして各自治体と進めているヘルスケア関連の取り組みを紹介した。

 後半はクロストークを展開。「空間×ヘルスケア 2030」に対するパネリストの意見を出し合い、その実現に向けた課題について議論した。その中では、イラストを用いてコンセプトを提示している点に対する様々な見方が飛び出した。一方、課題の点では「エビデンス(科学的根拠)」の基準に対する議論が展開された。また、異業種連携や社会実装の道筋について、各パネリストのこれまでの経験から見た見解が示された。

 今回の特別セッションの詳細は本特設サイト内で順次、お伝えしていく。

セッションの詳細は順次お伝えしていく(写真:加藤 康)
セッションの詳細は順次お伝えしていく(写真:加藤 康)
[画像のクリックで別ページへ]


(タイトル部のImage:日経BP)


今回の特別セッション「これが近未来の新市場『空間×ヘルスケア 2030』の全貌」に関する他の記事はこちら
いよいよ実証実験も、「空間×ヘルスケア 2030」社会実装の加速へ
「予防・健康づくりが日本の一番の勝ち筋」、前・経産政務官の佐藤啓氏
「医学を基礎とするまちづくり」を起点に全国各地で実証、奈良医大の梅田氏
「空間×ヘルスケア」に必要なエビデンスや社会実装の在り方とは