Beyond Healthは2021年10月22日、日経クロスヘルスEXPO 2021において特別セッション「これが近未来の新市場『空間×ヘルスケア 2030』の全貌」を実施した。Beyond Healthが掲げる「空間×ヘルスケア 2030」をテーマに、イノベーションの起こし方や他産業との異業種連携、社会実装への道筋について議論が展開された(関連記事:「空間×ヘルスケア 2030」の意義と課題を有識者と議論)。

 セッションの前半ではまず、各パネリストがそれぞれショートプレゼンを実施した。本記事では、日経BP 総合研究所 戦略企画部長の髙橋博樹のプレゼンの様子をお伝えする。

「サイクルを高速で回していく」

 本セッションのテーマである空間×ヘルスケア 2030は、「健康で幸福な人生100年時代を創る」ためのビジョンだ。2030年に実現すべき空間を、分かりやすいイラスト(ビジョナリーフラッグ=未来の旗と呼んでいる)にして提示しているのがポイントである。これまでに、未来の住宅「Beyond Home」、未来の薬局「Beyond Pharmacy」、未来のワークプレイス「Beyond Workplace」、未来のモビリティ「Beyond Mobility」に関するイラストを示してきた。

空間×ヘルスケア 2030では、2030年に実現すべき空間を分かりやすいイラストにして提示している(写真:加藤 康、以下同)
空間×ヘルスケア 2030では、2030年に実現すべき空間を分かりやすいイラストにして提示している(写真:加藤 康、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 創案者である髙橋は、あらためてその概要を説明。超高齢社会の先頭を走る日本の危機的状況をデータを交えて説明した上で、「一刻も早い空間×ヘルスケア 2030の社会実装が望まれる」と訴えた。

 その社会実装に向けては、異業種プレーヤーの参画が不可欠となる。テーマごとの具体的ソリューションを、分かりやすいイラストに落とし込んだのはそのためだ。実際、このイラストや、Beyond Healthで発信している関連情報などを軸に、様々な企業が関心を寄せ、集まってきているとした。

[画像のクリックで別ページへ]

 この動きを加速する手段が、「メディア丸ごとオープンイノベーション」(髙橋)。Beyond Healthというメディアにヒト、モノ、アイデアが集まる仕組みが構築されつつあることで、「情報発信機能を生かし、社会提言、ムーブメントの醸成、実証実験のサイクルを高速で回していく」(髙橋)考えだ。

 空間×ヘルスケア 2030の実証実験に向けた動きについても触れた。京都府、大阪府、奈良県にまたがる「けいはんな学研都市(関西文化学術研究都市)」を舞台に、2022年をメドに取り組みをスタートさせる見込み。この実証実験では、取り組みの経過をメディアを通して随時開示していくことで、足りない知見を貪欲に採り入れていく。髙橋は「スタート時のテクノロジーが陳腐化しないためにも、様々な方面と議論しながら進めたい」と意欲を見せた。


(タイトル部のImage:日経BP)


今回の特別セッション「これが近未来の新市場『空間×ヘルスケア 2030』の全貌」に関する他の記事はこちら
「空間×ヘルスケア 2030」の意義と課題を有識者と議論
「予防・健康づくりが日本の一番の勝ち筋」、前・経産政務官の佐藤啓氏
「医学を基礎とするまちづくり」を起点に全国各地で実証、奈良医大の梅田氏
「空間×ヘルスケア」に必要なエビデンスや社会実装の在り方とは