BiPSEEは、医療施設(医科・歯科)に向けた小児対象の治療支援システム「BiPSEE医療XR」の本格サービスを2019年5月20日に開始した。専用ゴーグルを装着した小児患者にAR(Augmented Reality;拡張現実)とVR(Virtual Reality;仮想現実)、アニメを組み合わせた映像を提供し、不安や痛みを軽減することを目的とする。

使用イメージ(出所:BiPSEE)

 ARでは保護者の顔や周囲の風景も見える。ARの映像を楽しみながら待合室から治療室へ移動することも可能という。小児科などの処置にはVR、歯科治療など頭の位置を保つ必要がある場合はアニメ、といったように状況に応じて映像を切り替えることを想定する。映像のシーンは、医療機関やデパートなどでの体験会で寄せられた子供の声を生かして制作したとする。

 必要な機器は、前述の専用ゴーグルと、専用スマートフォン。これらをレンタルサービスとして提供する。月額プランと年額プランの他、限定のサービス開始キャンペーンを用意している。

使用方法(出所:BiPSEE)

(タイトル部のImage:f11photo -stock.adobe.com)