世界では、約22億人が安全に管理された飲み水を使用できず、このうち1億5000万人近くが湖や河川、用水路などの未処理の地表水を利用しているといわれています。そうした不衛生な環境が感染症を蔓延させ、下痢などで命を落とす人も少なくありません。そんな状況を改善するテクノロジーとして注目されるのが、米国の会社が開発した、泥水を飲料水に変えるストロー式携帯浄水器「LifeStraw」。浄水器に内蔵されているフィルターは、化学薬品や塩水はろ過できないものの、大腸菌などの細菌や寄生虫を100%近く除去するそうです。使い方は簡単で、ストローから吸うだけ。ストロー1本で約4000Lの水が濾過可能であり、1日2Lの水を使うとしても5年はもちます。重さはたったの56g。アウトドアのお供に、また防災用品としても常備したいアイテムです。


以下では、2019年7月15~19日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)等が配信したプレスリリースの中から、編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)に移動します。

【ビジネス】

  • ・Amazon Prime Dayの爆発的ヒット商品「LifeStraw」、20万人以上の世界の子供たちにきれいな飲み水を無料提供
  •  米LifeStraw社は、細菌や寄生虫、マイクロプラスチックを除去する革新的な浄水器を2005年に開発し、寄生虫感染症であるメジナ虫症の撲滅にも貢献した。2019年のAmazon Prime Day(年に一度のプライム会員向けのバーゲンセール)では、昨年に引き続き、同社のストロー型携帯浄水器「LifeStraw」が売り上げトップを飾り、20万個が飛ぶように売れた。LifeStrawは、今や防災用品、またアウトドア愛好家の間では必需品となり、このストローがあれば、川や池の水を安心して飲める。同社は、グローバル・ギブバック・プログラムを立ち上げ、「商品が1個売れるにつき、1人の子どもに安全な飲み水を1年間保障する」と宣言し、支援活動を実施中である。LifeStrawの売り上げの一部でケニヤ、インド、メキシコの学校に大型の浄水器を提供し、現地にスタッフを派遣してフォローアップ、教育、メンテナンス、データ収集を行っている。2019年末には、延べ1870の学校において、300万人の子どもたちに2億Lのきれいな水が提供されたことになる。商品が売れるたびに、顧客満足と人道的支援が両立する。LifeStraw社の社会的インパクトは大きい。
    LifeStraw Personal Water Filter Straw Again Earns Position As "Top Deal" During 2019 Amazon Prime Day

  • ・中国の「インターネット病院」モデルで、AIによる病気の診断・薬の処方と配送・アフターケアが自宅で可能に
  •  オンライン・ヘルスケア・エコシステム・プラットフォームを提供する中国のPing An Healthcare and Technology社が、中国50の大手病院と戦略的に連携し、「インターネット病院」の構想づくりに取り組んでいる。インターネット病院では、オンライン診断、処方箋の情報共有、健康管理の3つの分野に同社の最新の人工知能(AI)技術が活用される。今までになかったサービスとして、診察を受けた後のフォローアップ、処方箋のデータ化、薬の自宅への配送、慢性疾患の長期的な記録などが提供されるようになる。病院には外来時間外の対応ができないことや、地理的に通院が難しいなどの課題がある。インターネット病院はこういった問題を解決すると同時に、病院の豊富な知見とオンライン技術を融合することで、医療システムの効率化と患者の満足度の向上を図る。
    Ping An Good Doctor Joins Forces With Nearly 50 Hospitals in China to Build New "Internet Hospitals" Model

  • ・米REGENXBIO社の遺伝子治療技術が初めて米食品医薬品局(FDA)で承認される
  •  臨床段階に特化するバイオテクノロジー企業REGENXBIO社が開発したNAVテクノロジープラットフォーム「ZOLGENSMA」が、1万人に1人の割合で発症する消耗性の難病である脊髄性筋萎縮症の遺伝子治療に使用されるようになる。この病気は遺伝性であり、運動のために使う筋肉をコントロールする神経に影響が生じ、筋肉が徐々に低下する。ZOLGENSMAは、2歳以下の患者のSMN1遺伝子の異常に対し、遺伝子のコピーを提供することで、たった1度の治療で病気を治すことができる画期的な治療法である。米国に続き、欧州と日本でも2019年度中に承認されることが期待されており、今後、網膜、神経変性、代謝症候群など、様々な疾患に応用できるだろう。
    REGENXBIO Announces First FDA Approval of a Gene Therapy Based on Its Proprietary NAV® Technology Platform

  • ・ヘルスケアのアイデアや新技術を競う、第3回QuickFirechallenge in Smart Healthcareがソウルで開催
  •  韓国Janssen Korea社とJohnson & Johnson Innovation社がソウル市と、ヘルスケア開発を支援する政府機関であるKHIDIと協賛し、今年で3回目となるQuickFirechallenge in Smart Healthcareを開催。ヘルスケア業界にイノベーションを起こそうと奮起するスタートアップ企業や研究者、学生から、アイデアや新技術の応募を募る。最も優れていると評価された2団体または個人は、賞金約1400万円のほか、1年間の特典として、ソウルバイオハブ(バイオ医療機関のスタートアップ企業のための施設)の使用、専門家からのコーチング、Johnson & Johnson Innovationのリソースにアクセスできる権利が与えられる。対象分野は、ビッグデータやブロックチェーン、3DプリンティングやIoT(モノのインターネット)、パーソナライズ・メディシン(個別化医療)、コンパニオン診断(医薬品の効果や副作用を投与前に予測する臨床検査)など多岐にわたる。「ヘルステックのパワーハウス」と呼ばれるアジア太平洋地域を中心に、若き起業家を醸成し、ライフサイエンス分野の活性化を狙う本イベント。応募締め切りは、9月15日である。
    Janssen Korea Ltd. and Johnson & Johnson Innovation Announce Launch of Seoul Innovation QuickFire Challenge in Smart Healthcare in Collaboration with Seoul Metropolitan Government and Korea Health Industry Development Institute

認知症の進行に睡眠薬が関係?

  • ・2024年までのヘルスケア業界における3Dプリンティング市場動向
  •  3Dプリンティング技術を使った補聴器や歯科インプラントが増加している。今後バイオエンジニアリング技術が向上すれば、医療の個別化の需要が高まり、3Dプリンティングがそれに応えるようになると予測される。体内に医療機器を埋め込む際、最も重要なのが生体適合性(biocompatibility)である。機器の界面化学と表面形態が、患者の生体組織や器官と親和性があり、異物反応や拒絶反応を生じさせないことが条件となる。インプラントとして最もよく使用される素材は、チタンやチタン合金である。チタンは耐食性が高いものの、骨とインプラントとの弾力性の違いによりミスマッチが起きる点が課題であるため、3Dプリンターで作るヘルスケア製品の材質規格には、他の業界よりも厳格性が求められる。義足や義手などにも、今後3Dプリンティングが利用されるようになるだろう。
    3D Printing in Healthcare: Insights Into & Future of the Market to 2024 by Technology, Application, Material and Geography

  • ・メガネで百万人の子どもたちに魔法の体験を
  •  米Essilor Vision基金が、困難を抱える米国の子どもにメガネを無償提供する活動を始めたのは2007年。今年、通算100万人目となる小学1年生のクロエちゃんにも、メガネが贈られた。同団体はクロエちゃんに、18歳までメガネを無料で提供する予定だ。クロエちゃんの母親は、「メガネをかけるようになってから、集中力が増した。宿題も自分からやるようになったわ」と喜ぶ。米国の子どもの4人に1人が、視覚障害が学習の妨げになっているといわれる。Essilor Vision基金は、眼科や教育機関と連携し、子どもに無料で視力検査とメガネを提供する支援を続けてきた。視覚障害をもって生まれてきた子どもがメガネをかけると、生まれて初めて鮮やかに世の中や身近な家族の顔が鮮明に見えるようになり、魔法の瞬間を体験する。これまでに、100万人の子どもがこのMagic momentを体験してきたことを記念し、同団体は「One Million Magic Moment」チャリティー・キャンペーンを企画し、より多くの子どもへの支援を呼び掛けている。
    Essilor Vision Foundation Introduces Khloe, the One Millionth Recipient of Glasses

  • ・睡眠薬の使用とアルツハイマー病の進行に明確な因果関係は見つからず
  •  2019年アルツハイマー病協会国際会議において、「アルツハイマー病や認知症患者の発症率と睡眠薬による治療および薬に頼らない治療について」の調査の中間報告がされた。アルツハイマー病は、若い頃に睡眠のリズムが不安定だと、発症リスクが高くなるといわれている。また、アルツハイマー病患者の45%が不眠を訴え、特に後期になると夜は眠りが浅く、日中ほとんど寝ている傾向が高くなり、睡眠サイクルに障害が発生する。そこで、70歳から79歳の3000人の男女に調査を行い、15年間かけて睡眠と睡眠薬の摂取量をモニタリングし、認知症の発症を抑えられるかについて調べた。その結果、睡眠薬を比較的多く摂取した人の場合、人種や性別、個人の眠りの質により、後に認知症を発症するリスクが上がったグループもあれば、逆に下がったグループもあり、睡眠薬と認知症発症のはっきりした因果関係は見つからなかった。一方で、睡眠薬を時々しか飲んでいなかった人の場合は、総じて認知症になるリスクは低いという結果が出た。また、エーザイが開発した不眠障害治療薬「lemborexant」を使った治験では、中等度のアルツハイマー病患者に投与したところ、睡眠時間が延び、睡眠断片化が軽減されるという結果が出た。さらに、薬に頼らない治療として、就寝時間と起床時間を個別最適化し、適度な運動と合わせた実験では、アルツハイマー病患者の睡眠の質が向上することが証明された。睡眠時無呼吸や不眠症により、記憶や思考に障害が発生し、アルツハイマー病が進行することは既に分かっている。しかし、治療として睡眠薬を飲むことによる影響についてはまだ明確な結論は出ておらず、今後も調査は継続される。
    Surprising Differences Found In How Sleep Medications Increase Dementia Risk For Some, Protect Others

  • ・シンガポールCXAグループが、アジアの福利厚生市場にイノベーションを起こすべく「CXAテックハブ」をベトナムに設立
  •  CXAグループは、最新のAI、マシンラーニングを活用した予測分析システムを企業に提供し、ヘルスケアサービスを「治療型」から「予防型」に変えることを目指す。また、保険、銀行サービスを連携させることで、キャッシュレスでより早い取引が可能になる。今回新たに設立されたベトナムの「CXAテックハブ」には、人事、金融、ヘルスケアの各分野からスペシャリストたちが集められ、グループのシンガポール、中国拠点と連携し、製品の調達スケールを拡大、グローバルな顧客ニーズに応えられる強力なプラットフォームが確立される。同社のシステムを利用する企業は、従業員のヘルスケアデータを集め、健康状態と医療費の相関関係を分析し、投資収益率(ROI)の観点から意思決定ができるようになる。また従業員は、給付費を自分のeウォレット(電子マネー決済システム)で受け取り、それを使ってスポーツジムの会員、健康診断、カイロプラクティック施術などを選択し、自由に福利厚生サービスを受けることができる。アジアに同様のサービスはなく、今後のビジネス展開が期待される。
    CXA Group sets up a Tech Hub in Ho Chi Minh City to support the expansion of its technology business.

片頭痛が2時間で軽減するウェアラブルデバイス

【プロダクト/サービス】

  • ・片頭痛が2時間で67%軽減する画期的なウェアラブルデバイス「Nerivio Migra」
  •  イスラエルTheranica社が開発した、片頭痛を治す新しいニューロ・モデュレーション・デバイス「Nerivio Migra」が米食品医薬品局(FDA)からDe Novo申請を認可された。このウェアラブル機器は頭に巻くのではなく、二の腕の上部に装着し、スマホからCPMと呼ばれる電気刺激を送ることで、片頭痛を和らげる効果がある。片頭痛に市販薬を使用する人が多い中、近年、薬物乱用頭痛などの副作用が問題となっており、Nerivio Migraは、より科学的で安全なアプローチとして注目を集めている。米国で2019年下旬より販売予定である。
    FDA Grants Theranica De Novo to Market First Smartphone-controlled Acute Migraine-relief Wearable Device

  • ・米Carrot社の禁煙デジタルモバイルソリューション「Pivot」で、禁煙を諦めていた人も3人に1人が禁煙に成功
  •  禁煙アプリ「Pivot」を使った臨床試験が行われ、391人のヘビースモーカーたちが参加した。この禁煙プログラムは、呼吸に含まれる一酸化炭素濃度を計測するセンサーとモバイルアプリを効果的に活用した、禁煙ロードマップを個別に策定するそうだ。参加者は、モバイルアプリを使って、喫煙者特有の習慣や行動のカウンセリング、薬物療法、コミュニティーサポートを受けながら、禁煙達成までの厳しい道のりを支援してもらう。試験の結果、32%が禁煙に成功。また、完全な禁煙には至らなかったものの、喫煙量が減った人は29%。興味深いのは、自分には無理だろうと考え、当初禁煙に後ろ向きだった人も、最初から禁煙の意欲の高かった人と同じ割合で禁煙に成功したという結果だ。自信のないヘビースモーカーも、Pivotを使って、禁煙、もしくは喫煙量を減らすことに成功するかもしれない。
    Carrot Inc. Announces Clinical Trial Outcomes for Pivot, its Evidence-based Digital Health Solution for Smoking Cessation

  • ・耐性菌による感染症を治す新薬「Recarbrio」が米食品医薬品局(FDA)に承認される
  •  様々な細菌感染症の治療に使用されるイミペネム、シラスタチンに「relebactum」を複合した新たな抗生物質製剤として、「Recarbrio」のFDA承認が下りた。尿路感染症(cUTI)と複雑性腹腔内感染症(cIAI)の2つの感染症の治験を行ったところ、薬の安全性と効果が確認され、この度Recarbrioは米国抗生物質開発インセンティブ法(GAIN Act)に基づく認証薬として指定を受けた。米国抗生物質開発インセンティブ法とは、世界レベルで耐性菌の増加が懸念される一方で、新規抗菌剤を開発する製薬会社が減っているという事情を考慮し、耐性菌感染症に対する新たな治療薬に対し、市場独占期間を5年間延長するなどのインセンティブを与えるという米国の法律である。なお、Recarbrioは副作用として、吐き気、下痢、頭痛、発熱などが起きることがあり、他の治療薬の選択肢がない場合にのみ処方することとされている。
    FDA approves new treatment for complicated urinary tract and complicated intra-abdominal infections

  • ・アルツハイマーの治療薬「BAN2401」をスウェーデンBioArcticAB社とエーザイが共同開発
  •  7月14~18日までロサンゼルスで行われた2019年アルツハイマー病協会国際会議で、「BAN2401」の研究成果が発表された。BAN2401はアルツハイマー病患者の脳に見られる、毒性のある溶解性アミロイドβの集合体プロトフィブリルとオリゴマーに反応し、この二つの物質だけを排除する作用を持つ。発表の中で、BAN2401には初期のアルツハイマー病患者856人の神経変性を減らすなど、病気の進行を抑える効果があることが確認された。また、特にApoE4遺伝子を保有する患者に投与すると、より効果が上がることが分かっている。現在研究は第3相試験に入ったところであり、2022年には完了する予定。
    BioArctic and Eisai Present New Data Regarding BAN2401 at the Alzheimer's Association International Conference 2019

  • ・無料のiOSアプリで自分が使用する医療機器をスキャンし、使い方、安全性、リコール(欠陥による製品回収)に関する情報をその場で確認できる
  •  米Soom社のCEOチャーリー・キム氏は、ある日娘が使用する医療機器がリコール製品であったことに気づき、大事な家族の生命の危機を感じた。他の人にも同じ恐怖を味わって欲しくないという思いから、「Soom Safety」というiOSアプリを開発。個人で使っているインプラント機器(人工関節、ペースメーカー、心臓弁など)や、インスリンポンプ、ネブライザーなどの医療機器をスキャンすると、直接製造会社と米食品医薬品局(FDA)の情報が画面に表示され、機器の使用方法や安全性を確認できる。一度自分が使用している機器をアプリに登録すると、その後万一リコールが発生した場合には、スマホに通知が送付されるので安心だ。米国では、リコールにより、毎年約5000万台の個人の医療機器に影響が及ぶ。自分の身を自分で守るための貴重な情報収集ツールとなる。
    Soom Launches Mobile App That Notifies Patients, Caregivers and Nurses of Medical Device Recalls

  • ・Applewatchで子どものグルコースの数値を遠隔モニタリング
  •  急成長中のメディカルテクノロジー企業、米Ambrosia Systems社は通信装置「NightRider Blucon」の新バージョンを発表した。この新技術により、1型糖尿病を患う子どもが学校へ行っている間も、子どもが装着する血糖測定機器の数値をApplewatchに同期し、保護者は自分のスマホ画面から、子どものグルコースの数値を5分おきに遠隔モニタリングできるようになる。今までは、子ども自身もスマホを携帯していないと遠隔モニタリングができなかったが、多くの学校ではスマホの携帯が禁止されていた。また子どもが外出中もスマホをずっと携帯していることが難しい、という問題も発生していた。Applewatchなら、子どもも負担なく腕につけられる。なお、スマホに事前にダウンロードする必要のある「LinkBluconアプリ」はまだ米食品医薬品局(FDA)の承認を受けていないため、モニタリングデータは、医療的な重要な判断にはまだ適さないとされており、今後の技術向上が求められる。
    Ambrosia launches revolutionary "Direct-to-Apple Watch" NightRider BluCon for Continuous Glucose Monitoring

医療用大麻でがんが縮小する?

【要素技術】

  • ・女性の慢性痛の理解を深めるためのサイエンス・イノベーション・テクノロジー・サミット
  •  米国で慢性痛を抱える人は5000万人といわれる。慢性痛は、医療費の負担増、生産性とQOL(生活の質)の低下につながり、特に女性に多い疾患だ。米NPO法人HealthyWomanは、7月17~18日の2日間にわたり、初めて女性の慢性痛に焦点を当てたサイエンス・イノベーション・テクノロジー・サミットを開催する。痛みに関する最新研究や患者の体験談、今後の展望について取り上げる予定だ。同団体は、個人や性別によって痛みへの対処方法を変える必要性を理解し、より正確で固定観念に縛られない治療が必要だと主張する。また、女性が自分の体の痛みについてオープンにすることで、専門家や周囲の意識の向上につなげる活動を支援する。
    HealthyWomen Hosts Science, Innovation and Technology Summit to Address Critical Challenges Associated with Chronic Pain in Women

  • ・7月17日は、神経膠芽腫啓発デー
  •  米上院議会は毎年7月17日を神経膠芽腫啓発デー(GBM Day)に制定する決議を採択した。神経膠芽腫は最も治療の困難な脳腫瘍の一種であり、米国では毎年約1万3000人が亡くなっている。7月17日にはワシントンでイベントが開催され、脳腫瘍と闘う人々やその家族・友人を応援し、治療の研究開発と病気の根絶を呼び掛ける。イベントには、本取り組みを主催している「EndBrainCancerイニシアチブ」の発起人であり、夫を脳腫瘍で亡くしたデラン・ミッドランドさんをはじめ、多くのボランティア団体が参加予定。がんと闘う人に勇気を与える活動として話題を呼んでいる。
    The EndBrainCancer Initiative Calls on All Americans to Recognize and Support the Inaugural National Glioblastoma Awareness Day on July 17th

  • ・米ライフサイエンス企業の投資家向け業績説明会、オンデマンド配信スタート
  •  7月17日より、VirtualInvestorConferences.comにアクセスすると、様々な米国のライフサイエンス企業によるオンラインの投資家向け業績説明会が自由に視聴できるようになった。会員登録をすれば、ウェブページからプログラムの詳細や報告会のスケジュールを確認し、興味のある企業のプレゼンテーションを視聴できる。参加する企業は全て上場企業であり、オンラインで世界中の機関投資家や個人投資家にアピールし、直接商談する機会となる。事業拡大を目指すライフサイエンス企業と投資家の距離がより身近で、グローバルなものになる。
    Life Science Company Live Investor Presentations Now Available for On-Demand Viewing

  • ・ALSアイス・バケツ・チャレンジが5周年式典をボストンで開催
  •  ALSアイス・バケツ・チャレンジとは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の研究を支援するため、参加者がバケツに入った氷水を頭からかぶるか、または米国ALS協会に寄付をするかを選ぶというユニークな運動だ。2014年にFacebookやYouTubeを通して社会現象化し、他国にも広まっている。今年、運動が始まってから5周年を迎え、ボストンでは発起人であるピート・フレイツさんとパット・クインさんも参加し、活動の継続を呼び掛けた。5年の間にALSの研究は世界的に拡大し、病気の治療につながる新たな遺伝子が発見された。しかし、いまだに特効薬は開発されておらず、診断されてから5年以内に死に至るケースが多く、ALSとの闘いはまだ続いている。
    ALS Association and ALS Families Bring Hundreds of Bostonians Together to Commemorate Fifth Anniversary of Ice Bucket Challenge

  • ・「ヘルスケア業界におけるサイバーセキュリティーのベストプラクティス」に関するwebinarが7月25日(木)に公開
  •  2018年に米国のヘルスケア業界を襲ったセキュリティー侵害は、300件以上に上る。米Frost & Sullivan社は、どんどん洗練されるサイバー攻撃に備えるべく、ヘルスケア企業が患者の要配慮個人情報を死守するためのベストプラクティスを伝授する。Webinarでは、様々なセキュリティーリスクに備えるために、組織で取り組む3つのポイントを取り上げる。医療データを徹底的に守り、コスト削減と利益増加を同時に実現させるために、テクノロジーをフル活用する方法を探る。
    Best Practices to Manage New Cyber Risks for Healthcare Professionals as Data Conquers the Healthcare Industry

  • ・医療用大麻でがんが縮小、がん細胞が消滅する可能性もあると報告
  •  がん治療における吐き気や激痛を伴う副作用。多くの場合、対処療法としてオピオイドが処方されるが、時にはそれが命を脅かすこともある。アメリカでは多くの医療機関ががん治療に、より人体に安全であるとしてカンナビノイド(大麻に含まれる化学物質の総称)の利用を推奨している。米国癌学会は、化学療法の副作用に見られる神経障害性の痛みに対し、カンナビノイドの有効性を発表した。また、多くの研究者が、大麻樹脂に含まれるTHCやCBDなどの化学物質には、がんの増殖を抑え、がん細胞を消滅させる可能性があると報告している。医療用大麻の使用はカリフォルニアでは1996年に、カナダでは2001年に初めて承認された。他にも承認した国はオランダ、イギリス、ドイツ、韓国など。医学的な安全性とがんの治療効果が実証されれば、今後医療用大麻の合法化の動きは広がるだろう。
    Data Points to Cannabis Emergence as a Viable Part of Cancer Treatment

(タイトル部のImage:Photobank -stock.adobe.com)