着るだけで生体情報計測を可能とする機能素材が、米国で承認されたのは2013年のこと。世界初の「布を活用したナノセンサー技術」により、心拍数や呼吸数、血行動態などを肌から直接キャッチできるようになりました。そしてついに先日、米Nonowear社の臨床試験が始まりました。このIoT(モノのインターネット)肌着を身に付けた心疾患患者から得られた心電図データを、毎日自宅や外出先から病院へ送り、うっ血性心不全や心臓発作が発生する数週間前にその兆候を検知し、症状に先手を打ちます。機械学習のデータアナリティクスをフル活用しながら、伸縮性のある「衣服型バイタルセンサー」で心臓の状態をしっかりモニタリング。心疾患予防・治療の革命です。


以下では、2019年7月22~26日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)等が配信したプレスリリースの中から、編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)に移動します。

【ビジネス】

  • ・衣類型バイタルセンサーで、心臓疾患を常時モニタリング
  •  ナノテクノロジーを活用した遠隔モニタリング・プラットフォームを提供する米Nanowear社が、心臓疾患の管理・診断のアラート連携を検証する研究「NanoSENSE」を開始した。世界初の「布を活用したナノセンサー技術」は、既に米食品医薬品局(FDA)の承認済。今回、この技術を搭載した「SimpleSENSE」は、モニタリングできる肌着と閉回路マシンラーニング・プラットフォームを活用し、患者の心音・脈拍・鼓動のアルゴリズムを計測し、マルチチャンネル型の心電図で心拍数、呼吸数、血行、活動量、姿勢から心臓の状態を総合的に評価できるシステムだ。医師はアルゴリズムの数値を遠隔モニタリングすることで、悪い兆候にいち早く気づき、発作が起きる数週間前に予測できる。心臓発作は、約4人に1人の割合で再発の可能性があるが、一度回復した後も自宅で心臓のモニタリングを継続することで、緊急事態の予防につながる。現在、インプラント機器を使った心臓のモニタリングは既に実用化が進んでいるが、今回の研究で「SimpleSENSE」の衣服型バイタルセンサーの効果が実証されれば、患者の負担を減らし、より安い費用で、長期的なモニタリングが可能となる。今回の検証試験では、500人の患者のデータを収集する予定であり、効果が期待される。
    Nanowear Announces Clinical Launch of NanoSENSE, a Heart Failure Management and Alert Diagnostic Validation Study

  • ・皮膚の健康チェックで、誰よりも早く皮膚がんを検知して完治させよう
  •  米MoleSafe USA社は、ニューヨークにSKIN SURVEILLANCE PROGRAM CENTER(皮膚の健康チェックセンター)を設立し、世界で最も詳細な皮膚の健康チェックを実施することで皮膚がんとメラノーマ(悪性黒色腫)の早期発見につなげる狙い。今、米国人の5人に1人が皮膚がんを発症するといわれている。メラノーマは、高齢になるほどリスクが高まるものの、早期に発見すれば完全に治せる病気である。早期発見は、医療費の削減にもつながる。MoleSafeが提供する全身撮影技術、臨床・ダーモスコピー(皮膚拡大鏡)画像で、ほくろや皮膚の病変を観察すると、それが良性の病変なのか、それとも生体検査を要する症状かを精密に判断できる。一人でも多くの人に皮膚の健康チェックへ参加するよう呼びかけている。
    MoleSafe Opening Its Newest Skin Surveillance Program Center in New York City

  • ・大人気の米スポーツジム「Planet Fitness」のきめ細やかなサービスとは
  •  米スポーツジムPlanet Fitnessのサービスがすごい。最新のカーディオマシン(有酸素系の運動器具)や筋肉増強器具、ロッカールーム・シャワー設備、テレビ、水素マッサージ・ラウンジ、マッサージ・チェア、日焼けマシンなどがそろい、気軽に運動が楽しめる。「Judgement Free Zone」メンバーになると、月額たったの10ドル(約1080円)で施設が一部利用できる。さらに、メンバーはインストラクターによる小グループトレーニング、また、頑張った自分へのご褒美とてして第一月曜日には無料ピザ、第二火曜日には無料ベーグルがプレゼントされるという。もう1ランク上の月額21.99ドル(約2400円)の「PF Black Card」メンバーになると、追加料金なしで毎日友人をゲストとして招待でき、さらにPlanet Fitnessの店舗1800カ所をどこでも使用できる。今回、ミシシッピ州のピカユーン市にも新店舗が設立されることになり、ますます多くの人が手軽に運動を楽しみながら健康を目指せそうだ。
    Planet Fitness to open "Judgement Free" Club in Picayune

  • ・シニア向け医療ビジネスチャンス到来
  •  米国では、毎日1万人が65歳を迎え、その後4人に1人は転倒などのケガで緊急治療を受けているそうだ。高齢化社会において、シニア向け医療サービスの拡大が求められている。個別化ケアサービスを提供する米A Better Solution in Homecare社のCEOスミス・プラット氏は、先日開催されたSCORE Program(1964年に設立された米国最大の、ビジネスメンターの専門家・ボランティアネットワーク)において、シニア向け医療ビジネスを活性化させるためのオーナーシップの機会について講義を行った。プラット氏は、「シニア向けの医療サービスが広がることで、人々の生活がより豊かになる」と話し、フランチャイズオーナーとしてビジネスに参入すれば、専門家のサポートを受けながら、安心して事業運営ができる点を説明した。同社が推進するフランチャイズ費用は4万8000ドル(約520万円)で、アリゾナ州とカルフォルニア州において今後事業拡大を進めるそうだ。
    A Better Solution Franchise System CEO Educates Mentors on the Senior Care Industry

  • ・スキーロッジのようなスタイリッシュな高齢者ケアホームでメモリーケア(物忘れ改善)
  •  大都市シアトル近郊の自然豊かな高級住宅街として知られるマーサーアイランド。ここに、高齢者サービスとメモリーケアを提供する米Aegis Living社が24時間体制の新たな高齢者向けマンションを設立した。30km2の広大な敷地に足を踏み入れると、リゾート地を思わせる10m幅の噴水と大きな暖炉が出迎えてくれる。住居数は89室。スパ、ビューティーサロン、美容室、プール、ビストロ、ジュースバーなどがあり、入居者は毎日様々な健康講座を受講できる。認知症予防として、入居者世代が思わず「懐かしい!」と唸る往年のウィネベーゴ(キャンピングカー)や、アメリカンドリームの象徴のクリス・クラフト製のボートが敷地内に展示され、自由に席に乗り降りして昔を思い出すことができる。庭では園芸をしたり、野菜を育てたりしながら、居住者同士の交流が図れる。テーマは、「毎日を有意義に」。一時入居も可能だそうだ。
    Aegis Living Opens in Mercer Island, Wash