Olympus社が開発した二つの革新的な手術用デバイスORBEYE(オーブアイ)とTHUNDERBEAT(サンダービート)により、体の大きさがたった4kgの赤ちゃんの肝臓移植手術が成功し、アメリカでは「奇跡」として報道されました。ORBEYEは手術用顕微鏡であり、患者の映像を倍率26倍の高精細画像で4K/3Dモニター画面に映し出し、医師とチームが3Dメガネをかけ、画面を確認しながら精密に手術を進行することができます。そこにTHUNDERBEATの高周波電流と超音波の技術、さらにアームの先端部の小さな「ハサミ」による高度な操作を加えることで、まだ生まれて間もない患者の体への負担を最小限に抑えることができたそうです。デバイスと医師の技術の名コラボレーションにより、今まで救えなかった命が助かるようになってきています。


以下では、2019年7月29日~8月2日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)等が配信したプレスリリースの中から、編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)に移動します。

【ビジネス】

  • ・世界初、赤ちゃんの肝臓移植を成功に導いた手術用顕微鏡システムとエネルギーデバイスの組み合わせ
  •  医療・手術ソリューションを提供するOlympus社が開発した手術用顕微鏡「ORBEYE」と外科手術用エネルギーデバイス「THUNDERBEAT」。この二つの革新的技術を組み合わせ、世界で初めて4㎏の赤ちゃんの肝臓移植が成功した。赤ちゃんのMichaelくんは、胆道閉鎖症を患い、2歳のドナーの肝臓の一部を移植したのち、7週間の入院を経て無事退院。今まで6kg以上の小児患者にしか手術が行われたことがなかったが、この新たな手術技術により、より体の小さな赤ちゃんにも手術が可能となった。ORBEYEを使うことで、医師とチームは55インチのモニターに映し出される高画質のデジタル映像を確認しながら、THUNDERBEATの高周波電流と超音波を組み合わせた技術を用いて、今までにない高い正確性と効率化が実現できるようになった。2018年にアメリカで肝臓移植を受けた患者の数は、8250人。手術時間が短縮することで、医師の疲労を防ぎ、より安全に、連続的に手術を行うことが可能になってきている。
    Olympus ORBEYE Video Microscope and THUNDERBEAT Energy Device Enable Lifesaving Transplant

  • ・抜け毛・薄毛へのスタイリッシュなアプローチ、スカルプマイクロピグメンテーション(SMP)
  •  米Hairline Ink社がニューヨーク、シカゴに引き続き、オースティンにも新事業所を開設し、抜け毛・薄毛で真剣に悩む患者向けの無料カウンセリングを拡大する。同社は、最新のスカルプマイクロピグメンテーション(SMP)技術で多くの患者に施術を行い、自信を取り戻すきっかけづくりに貢献しながら、過去5年の間に急成長を遂げてきた。SMPとは、特別な染料と針を使用して色素を頭皮に挿入していくことで毛根を描き、まるで髪が生えているように見せる施術である。毛根が精巧に描けれているので、ほとんどの患者は、自分から報告するまで気づかれないそうだ。さらに、同社はホームページ上で「Hairloss Handbook」を公開し、抜け毛の原因、SMPの効果、対処法、抜け毛にまつわるウソ・ホント等を取り上げ、抜け毛・薄毛に関する正しい情報提供を行っている。
    Hairline Ink Announces Opening of New Location in Austin and Release of "The Hair Loss Handbook"

  • ・オーストリアで腺様嚢胞がんに対する重粒子線治療を初めて実施
  •  オーストリアのイオンビーム療法センターMedAustonにおいて、世界で初めて、左耳に腺様嚢胞がん(分泌腺から発生する悪性腫瘍)の患者に重粒子(炭素イオン)線治療が実施された。重粒子治療は、がんの位置や大きさ、形状に合わせ、炭素イオンを加速器で光速の約70%まで加速し、ピンポイントの正確さでがんを狙い撃ちする。プロトン(水素原子)と炭素イオンの両方を用いた治療を実施することができるのは、現在世界中でMedAustonを含め6機関しかないそうだ。同機関は、スウェーデンRaySearch社のRayStationと呼ばれるソフトウェアを使用し、2016年にプロトン療法を、続けて2018年には炭素療法を開始した。その後、次世代型情報ツール「RayCare」、治療機器制御システム「RayCommand」、プランニングシステム「RayStation8B」を導入し、国際的な規約に準拠した重粒子線治療を推進している。MedAustonでは18カ国から180人の医師、物理学者、エンジニア、放射線技師が集い、最先端の放射線治療の研究に挑んでいる。
    MedAustron Treats First Patient Using Carbon Ion Therapy With RayStation

  • ・治療抵抗性うつ病性障害の飲み薬が登場
  •  米Relmada Therapeutics社は、治療抵抗性うつ病性障害の新薬「REL-1017」の第2相試験を行い、62人の患者に対して投与を完了したと発表した。本臨床試験に参加した患者は皆、過去に一つ以上の抗うつ治療薬を試したところ、適切な効果が表れず、難治性の大うつ病性障害と診断された経験を持つ。現在のところ、全ての患者においてREL-1017の投与後も、深刻な有害事象や精神病症状は表れておらず、最終研究結果は2019年の第三四半期に公表予定だという。今まで、精神疾患に対する新薬としては、麻薬の一種である「ケタミン」に大きな期待が寄せられてきたが、ケタミンは副作用や長期的な作用について懸念が残っている。REL-1017は、前臨床試験では、ケタミン療法と同程度の抗うつ・神経作用の効果が確認されており、今後さらに副作用がないことが実証されれば、治療抵抗性うつ病性障害の飲み薬として、初めて実用化される可能性が高い。
    Relmada Therapeutics Announces Completion of Dosing with REL-1017 in Phase 2 Study of Individuals with Treatment Resistant Depression