世界初「糖分カット」のオレンジジュース

【プロダクト/サービス】

  • ・オレンジジュースの糖分を酵素の力で80%カット
  •  イスラエルのフードテック・スタートアップ企業Better Juice社が大手オレンジジュース販売会社ブラジルCitrosuco社と提携し、糖類を一切排除したオレンジジュースの開発を目指す工場を建設する。果物ジュースには、豊富なビタミンやミネラル、栄養素とともに、3種類の糖類が含まれている。Better Juiceの革新的な酵素技術により、果糖を、食物繊維やヒトの消化酵素で消化されない糖類に自然に変化させ、糖質を最大80%カットすることができるそうだ。遺伝子組み換え技術を使用せずに、微生物の力で糖分を減らしながら、自然の果実の味をそのままに味わえるという。この「Better-for-you(よりあなたに優しい)」をうたうオレンジジュースは、100%オレンジジュース界において、誰も考えつかなかった世界初の「糖分カット」を実現。同社は、イスラエル国立ヘブライ大学と共同で本技術を開発し、2018年にドイツ・フランクフルトで開催されたStartup Innovation Challengeにおいて、「最も革新的な技術賞」を受賞している。
    Better Juice to Build Pilot Plant for Low-sugar Orange Juice

  • ・7時間睡眠を継続させる「REMfresh」、体の自然なメラトニンパターンと類似
  •  「REMfresh」は、米Physician’s Seal社が開発した、米国のドラッグストアで一般的に売られている睡眠導入薬である。REMfreshはUltraMelメラトニンと呼ばれる純粋メラトニンを99%配合し、既に各国において20年以上の販売実績があり、安全性と信頼性が確立されている商品である。今回、「REMfresh」の持続性メラトニン効果(CRA-メラトニン)と、その他の一般的な睡眠導入薬に含まれる、即効性メラトニン効果(IR-メラトニン)を比較した、薬物動態(薬物が体内に投与されてから、排出されるまでの過程)に関する研究について驚くべき結果が、「中枢神経障害の初期診療のガイドブック」という医療雑誌に発表された。まず、即効性メラトニンを含有する薬は、睡眠導入時に必要とされるメラトニン量の23倍に当たるメラトニンを放出するが、その後4時間以内にメラトニン量が急激に減少することが分かった。その一方で、REMfreshの革新的な「イオンパワーポンプ技術」を使った持続性メラトニンは、体内で7時間連続放出・吸収を継続し、睡眠を長時間分断なく持続させることが可能だと証明された。REMfreshのこの効果は、体の自然なメラトニンパターンと類似しており、今後も研究を続けることで、将来的には薬に頼らずに、患者自身のメラトニンに働きかけることで催眠効果が得られる方法が見つかるかもしれないという。米国では約6000万人が睡眠障害を抱え、慢性的な睡眠不足による肥満、糖尿病、高血圧、うつ病などが問題となっている。人間にとって理想的な睡眠時間は6~8時間とされており、今後も体内時計に焦点を当てた「クロノバイオテック」(体内時計テック)の研究に期待が高まる。
    First-Ever Study Of 7-Hour, Drug-Free Continuous Release And Absorption Melatonin (Cra-melatonin™) REMFresh®, Published In Primary Care Companion For CNS Disorders Journal

  • ・こども向けウェアラブルスポーツウォッチ「Kyn」でゲームをしながら健康増進
  •  7月30日に発売されたこども向けウェアラブルデバイス「Kyn」は、ユニークで魅力的なキャラクターが登場するアドベンチャーゲームやデジタルペットの世話を通して、こどもが人生にとって重要な教訓を学びながら、健康でアクティブに過ごすサポートをしてくれる。米国保健協会の調査によると、米国では毎日体を動かしているこどもは3人に1人しかおらず、思春期の子供になると1日平均7時間スマホやパソコンの画面の前で過ごしており、健康に関する懸念が高まっている。Kynを利用すると、保護者のアプリと同期して、保護者が子供の目標を設定し、運動の記録、日々のスケジュールの確認、ご褒美やデジタルペットなどの機能を共有して楽しんだり、お手伝いの時間を組み込んだりすることができる。健康的な生活習慣と共同生活における責任感を、家族と一緒に楽しみながら養うことができるデバイスとして、人気が出そうだ。
    Kyn Launches, Providing a New Tech-Wearable to Motivate Kids to Establish Healthy Habits and Wellness

  • ・心電図をモニタリングするスマートウォッチで、中国医療市場に旋風を起こす
  •  中国Guangdang Lifesense Health Electronics社が開発した心電図(ECG)モニタリングスマートウォッチが、中国で初めて中国食品医薬品局(CFDA)の認可を受けた。このデバイスを使うと、自分の運動・慢性疾患に関するデータを、「Lifesense Cloud」というスマートヘルス・クラウド・プラットフォームで管理でき、病気の予防・治療・リハビリ・健康増進のための個別化ヘルスサービスを受けることができる。利用者は、スマートウォッチの心電図モニタリング機能を利用し、潜在的な病気のリスクを調べるために医師にデータを送信し、医師は利用者のデータを見て異常を検知し、適時フォローアップを提供する。この新デバイスが、中国の従来の独占的な医療システムに一石を投じ、医療サービス市場を開放するきっかけとなることに大きな期待が寄せられる。
    Single-lead ECG Wristband developed by Lifesense Health Officially Passes CFDA Certification