「心房細動」という不整脈をご存じでしょうか。高齢者の多くに表れる身近な症状ながら、時に脳梗塞や心不全の原因となり余命を左右する不整脈です。心房から枝分かれする肺静脈入口部に発生する不要な電気刺激が原因ですが、近年、心臓カテーテルの先端に高周波電流を流して、肺静脈入口部の不要な電気刺激回路を焼灼・遮断する「高周波カテーテルアブレショーン」(RFA)と呼ばれる手術が行われています。さらに最近では、マイナス45℃に冷却されたバルーン(風船)カテーテルで肺静脈入口部を円周状に冷凍焼灼する新しい技術「冷凍アブレーションカテーテル」が開発されました。

 日本メドトロニックは7月29日、標的肺静脈の電位の有無を検出しやすく操作性を向上させた新型「冷凍アブレーションカテーテル」の全国販売を開始したと発表しました。バルーンを肺静脈に押し当てるだけなので、従来のRFAに比べて治療時間が短く操作も簡便。この治療の普及により、脳梗塞や心不全の発生が減り健康寿命の延伸が期待されます。(大滝隆行=Beyond Health)


以下では、2019年7月29日~8月2日に配信されたプレスリリースの中から編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(WebサイトやPDFなど)に移動します。

【ビジネス】

【プロダクト/サービス】

【要素技術】

(タイトル部のImage:jalisko -stock.adobe.com)