病院へ行かなくても、身に付けるだけで脈拍・呼吸・体温・血圧・意識レベルといったバイタルサイン(生命兆候)を一定期間モニタリングできる便利な装置、医療用ウエアラブルデバイス。その原型は1960年代に米国で一世を風靡したSFテレビドラマシリーズ「スタートレック」の「トライコーダー」だと言う人もいます。トライコーダーは携帯機器であらゆるものの探査、分析、記録ができ、未来の装置の理想像として親しまれました。今、ビジネス界ではウエアラブルデバイスやセンサーなどのIoT(モノのインターネット)の開発が進み、様々なテクノロジーカンパニーの間で、健康モニタリングへの投資が活発化しています。9月25〜26日に英国ケンブリッジ市で開催されるイベント「Healthcare Sensor Innovation」では、医療用ウエアラブルデバイスの最新動向が語られます。


以下では、2019年9月16~20日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)等が配信したプレスリリースの中から、編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)に移動します。

【ビジネス】

  • ・医療用ウエアラブルデバイスの未来予測
  •  英国の調査会社IDTechEx社が、英国ケンブリッジ市で9月25日から26日までHealthcare Sensor Innovationというイベントを主催する。世界中から多くの企業が集まり、医療界への導入を狙う新たなウエアラブルデバイスや、既に販売を開始している製品が紹介される予定だ。参加企業は、取り扱うデータの種類(疾患分野)、センサーの種類(光学センサー、化学バイオセンサー、生体電位センサー等)などの幾つかのグループに分かれ、それぞれの特徴や戦略について最新情報の共有を図る。

     医療用ウエアラブルデバイスには主に3つのタイプがある。一つは、バイタルデータを測定する光学センサー。多くの企業が、光学カメラなどを使う、直接装着しなくても測定ができる遠隔モニタリング機器の開発を目指す中、センサーの誤検知やノイズなどの難しい課題が残る。医学的に承認された製品はまだ少なく、商用化は難航している状況だ。モニタリングの正確性を求められる医療機器としては、やはり肌に直接触れるウエアラブルデバイスが優勢である。

     二つ目は、電極を用いて、心電図や筋肉の活動量、視線の動き、脳の活動を測定する生体電位センサーだ。このタイプは、ウエアラブル機器とインプラント機器を組み合わせて使用するケースも多い。肌に貼るパッチや、センサー機能を持つ衣類、胸部のストラップなどが使われる。車のシートにセンサーを搭載するような、直接体に装着しないデバイスのアイデアも多くあるが、まだ実用化には至っていない。生体電位は、情報を取得するモニタリングだけでなく、神経に刺激を加える疾患治療法「ニューロモデュレーション」にも活用され始めている。

     三つ目は、血液や汗などに含まれる抗体や酵素を使用して、特定の分析物への反応を測定する化学バイオセンサーである。この測定法では、抗体や酵素を、インプラント機器や針、パッチ、尿検査キットなどで体から採取する必要がある。化学物質の遠隔モニタリングは難易度が高く、商用化の事例はまだ数えるほどしかない。その他にも、体温や血圧、ストレスレベルを測定する装置などがあり、喘息、難聴、呼吸器疾患への適用も進められている。

     目指すところは、「コンタクトレス・モニタリング」、つまり身体にデバイスを装着しなくても、遠隔でモニタリングが可能になることであるが、当面は、測定する部位にできる限りモニタリング機器を近づけて使用するウエアラブルデバイスの活用が拡大すると予測される。2019年には500億ドル(約5兆3780円)の市場に成長するとみられるウエアラブルデバイスのうち、約3分の1は、既に承認された医療用デバイスが占めている。中でもスマートウォッチ、スマート衣類の医療への活用に注目が集まる。
    IDTechEx: The Future of Medical Is Wearables? (Part 2)

  • ・米Abott社と仏Sanofi社が糖尿病のコネクテッドケアでコラボ
  •  米Abott社とフランスSanofi社がパートナーシップを組み、グルコースセンサーとインスリンデリバリー技術を統合することで、糖尿病患者の治療をよりシンプルに変えようとしている。両社はコネクテッドケアを目指し、世界中で利用されているAbott社の「FreeStyle Libreシステム」とSanofi社のインスリン投薬情報を連携するツールを開発し、今後スマートペンやインスリン滴定アプリ(インスリン投与量の最適化を支援するアプリ)、クラウドソフトウェアの提供を目指す。

     Abott社のシニアバイスプレジデントのジェリド・ワトキン氏は、「糖尿病の管理には様々な情報が必要であるため、複数のデバイスから多種のデータを取得している。FreeStyle Libreを使ってデジタルなエコシステムを構築することで、ユーザーのデータをひとまとめに管理し、ユーザーエクスピリエンスをシンプル化することができる。そのためには、他社との連携が必要だ」と言う。

     FreeStyle Libreは、指先から血液を採取する従来の方法ではなく、上腕にデバイスを装着することでグルコースを測定し、リアルタイムでグルコースレベルの変化をスマホで確認できる新しいタイプのモニタリングシステムだ。ユーザーの同意の元、FreeStyle Libreのデータと、現在Sanofi社が開発中のインスリンペンやアプリのデータが共有できれば、糖尿病患者と医師が共に治療薬や食事、ライフスタイルについて適切な判断ができるようになる。Sanofi社のシニアバイスプレジデントのグスタフ・ぺスキン氏は、「Sanofi社は100年近く、糖尿病患者に様々な治療薬を提供し、寄り添ってきた。今回の戦略的パートナーシップにより、デジタルツールを活用した、新たなステージへと治療をレベルアップすることができる」と語る。2社は、数年以内に、糖尿病患者にコネクテッドケアを提供できるよう、国の承認プロセスを急ぐ。個別最適な血糖値管理が可能になり、患者のQOL(生活の質)改善の実現を目指す。
    Abbott and Sanofi Partner to Integrate Glucose Sensing and Insulin Delivery Technologies to Help Change the Way Diabetes is Managed

  • ・中国Ping An Groupが医療用AIイメージングソフトに16億円投資
  •  医療用AIソフトウェアプロバイダーの米Riverain Technologies社の肺疾患検知技術に、中国Ping An Insurance(Group)社が1500万ドル(約16.1億円)の投資を発表した。Riverain社の「Clear Read」というソフトウェアツールは、米食品医薬品局(FDA)に承認されたAI(人工知能)とマシンラーニングの技術をイメージングに活用。米Duke大学、Mayoクリニック、シカゴ大学、在郷軍人病院など、世界中の大手病院で利用されており、高度なイメージング技術で正確かつ効率的にがんやその他の開胸CT画像やX線画像の細胞の異常を検知することができるツールで、クラウドでの利用が広がっている。

     本投資プログラムPing An Global Voyager Fundのマネージング・ディレクター兼CMOのマルコ・ヒューシュ博士は、「がんをできる限り早く検知することが患者の治療に最も有益である。がん治療をグローバルに前進させるためのRiverain社とのパートナーシップにワクワクしている」と語る。

     Ping An Groupは、グローバルに金融サービスを提供し、1億9000万の小売顧客と、5億7600万人のインターネットユーザーネットワークを抱える。フォーブスグローバル2000の長者番付には7位、フォーチューングローバル500では29位にランクインしている。Ping An Groupのグローバルなリーチを活用し、Riverain社の医療用AIイメージングソフトが、多くのがん疾患の早期発見に貢献することに期待が高まる。
    Ping An Leads Investment in Riverain Technologies to Advance AI in Healthcare

  • ・副作用の少ないGRX-917が神経障害治療薬の中心的存在になる
  •  気分障害の治療薬開発を行うバイオテク企業、米GABA Therapeutics社と、精神医学におけるパラダイムシフトを起こすドイツATAIライフサイエンス社がパートナーシップを表明した。2社は、不安症やうつ病などの気分障害の治療効果を高める新薬の開発に取り組む。GABA社の代表製品である「GRX-917」は重水素化したエチホキシンであり、約40カ国で承認されている、即効性と効果の高い非ベンゾジアゼピン系抗不安薬である。一般的に利用されているベンゾジアゼピン系薬のアルプラゾラム「Xanax」やロラゼパム「Ativan」と同等の効果があり、鎮静作用、記憶喪失、身体依存などの深刻な副作用がより少ないことが実証されている。

     薬物治療が効かない精神疾患を患う患者は何百万人もおり、GRX-917の服用は症状軽減と、QOLの向上、医師との良好な関係作りをサポートする。不安症とうつ病は同時に発症するケースが多く、米国では3人に1人が不安症を抱えているといわれる。また、治療を受けるのはその中でもさらに3人に1人であり、症状が改善するのは10%足らずだ。2018年には、米国のおよそ1億4000万人が不安症の治療薬を処方され、薬物の治療効果の改善が急がれる。

     GRX-917に使用されるエチホキシンは、神経ステロイドのアロプレグナノロンなどのレベルを高めることで、抗不安作用を増進させることができる上、抗うつ、神経保護、神経栄養性、抗炎症作用を合わせると、より広範な中枢神経系疾患に応用できると期待されている。前臨床研究では、エチホキシンは疼痛、神経多発性硬化症、てんかん、アルツハイマー病などの神経障害に広く効能を発揮することが分かっている。これから実施される2a相の実証実験を、シリーズAラウンドで集まった1550万ドル(約16.7億円)の投資が支える。
    GABA Therapeutics and ATAI Life Sciences Partner to Develop a Novel GABA Modulator for the Treatment of Mood Disorders

筋肉を必要なところに必要なだけつけてくれるデバイス

【プロダクト/サービス】

  • ・アレルギー性鼻炎による鼻の痛みを治す携帯型デバイス
  •  「ClearUP Sinus Pain Releif」という、季節性や慢性のアレルギー性鼻炎に伴う副鼻腔痛を和らげる、今までに見たことのない、革新的な治療機器の販売が開始された。開発したのは、バイオエレクトロニクス分野において、生体分子と電子技術を合わせ、様々な機能製品を提供する米Tivic Health Systems社だ。

     この「ClearUP」は、手の中にすっぽりと収まるサイズの、薬剤を一切使わないデバイスであり、身体の自然な生体分子に働きかけるマイクロカレント(微小電流)技術によって、痛みを和らげてくれる。既にウェブ販売が開始され、9月30日よりAmazonでも販売が始まる。6000万人ともいわれる米国のアレルギー性鼻炎患者が待ちわびる。

     神経に電気で刺激を加える疾患治療法は、ニューロモデュレーションと呼ばれ、薬もメスを使わずに慢性疾患を治療する全く新しい手法だ。副鼻腔炎治療薬市場には既に多くの市販薬、医療用医薬品、鼻スプレーが提供されているが、CLearUPは、今までこれという適切な治療法がなかった副鼻腔痛を、新たなアプローチで治そうとする試みだ。

     処方箋がなくても購入でき、誰でも手軽に家や外出先で使うことが可能だ。使い方は簡単。頬、鼻の横、眉骨の下を優しく、ClearUPでなでるだけ。デバイスが最適な治療箇所を光と振動で誘導し、独自の微小電流形を用いて、肌の下の洞神経線維に刺激を与えてくれる。治療は5分で完了し、効果はその後6時間持続する。弱い電流刺激により、洞神経線維の痛みと圧迫感が緩和され、血管の膨張や浮腫が治ることが実証されている。

     試験では、74%のユーザーの痛みがなくなり、80%が今までの治療よりも効果的だと回答している。人間工学に基づいた使いやすいデザインと、洗練された技術、低価格、と3拍子揃った本商品は、まさに消費者のニーズにぴったりマッチする。ニューロモデュレーションを使った、バイオエレクトロニクスが医療界の可能性を広げる。
    Tivic Health's ClearUP Sinus Pain Relief Begins Shipping A First Of Kind Bioelectronic Device, ClearUP Is Available Over-The-Counter To Treat Allergy-Related Sinus Pain

  • ・必要なところに必要なだけ筋肉をつける「ボディスカルプチャー」
  •  米Emerage Medical社のジェイソン・エマー博士は、先鋭的な皮膚科専門医であり、美容整形外科医、またボディ・コントゥアリング治療の世界的権威である。ちなみに、ボディ・コントゥアリング治療とは、気になる部位の脂肪を減らし、ボディラインをデザインする医療痩身技術。一般的なダイエットや減量法とは違い、低温に弱い脂肪細胞だけを凍らせ、自然に対外に排出することで、狙いを定めた部分痩せを実現する。

     未来の美学を追求し続けるエマー博士は、ロサンゼルスで初めて米Cutera社の「truSculpt flex」というマッスル・スカルプチャー機器による施術を行った。筋肉を必要なところに必要なだけつけてくれるデバイスは、腹部、臀部、太ももの筋肉を増強、引き締め、調整し、医学的効果も証明されている。45分施術を受けると、ジムで2時間の集中的なトレーニングを行った時と同等の効果を得られ、いっぺんに身体の8つの部位を鍛えられる点や、手術よりも安い費用で利用できる点も魅力だ。

     エマー博士は次のように語る。「truSculpt flexを使うと、誰でも、体形も年齢も問わず、ダイエットや減量では得られないような結果を、たった2回の施術で手に入れることができる。手術を受けなくても、身体の劇的な変化を体験できる。しかも、施術後に回復するまでのダウンタイムがないため、施術を受けたあと、そのまますぐにジムへ行くことも可能だ。産後太りに悩むママたちからプロのアスリートまで、6つに割れた美しい腹筋を手に入れたい人にとって、今の市場の中では最も効果的な方法だ」

     ボディスカルプチャーに、エマー博士はリポスカルプチャーとボディ・コントゥアリング治療の最新技術を組み合わせ、患者のニーズに個別に応える。LAマガジンに「トップ・ドクター」として紹介されたり、「ザ・ドクターズ」というトークショーやNBCニュースにレギュラー出演したりする人気者の博士が、美容整形外科界に革新をもたらす。
    Aesthetics Industry Leader, Dr. Jason Emer, Spearheads Non-Surgical Muscle Sculpting by Being One of the First U.S. Physicians to Offer truSculpt® Flex

  • ・安全性の高いβアラニンをスポーツだけでなく医療・健康業界にも
  •  米Natural Alternatives International(NAI)社が開発した「カルノシンβアラニン」が、非営利団体Natural Products AssociationのNovel Ingredient and Science賞を受賞した。この賞は毎年、革新的な材料を開発した企業や個人に贈られ、新しく開発された材料が、臨床分野の治療や健康促進に応用され、科学的に貢献したことを称える賞だ。「カルノシンβアラニン」は、米食品医薬品局(FDA)のNew dietary ingredient(新たな栄養食品類)に承認された。ヘルシーエイジングとウェルネス業界、ナショナルフットボールリーグやオリンピック候補選手、また、日本でも利用が広がっている。

     βアラニンとは、アミノ酸の一種で、筋肉内のヒスチジンと結合してジぺラチド(アミノ酸分子が2つ結合したもの)であるカルノシンを生成。カルノシンは、運動能力を向上させ、持久力を高める働きがある。加齢とともにカルノシンの生成量は減少するため、より多くのβアラニンの摂取が必要になる。「カルノシンβアラニン」は、筋力と耐性力の増強、早い回復力と集中力を強化する。スポーツ選手だけでなく、筋肉減少症患者の治療や、ヘルシーエイジングを目指す世界中の人の健康に役立つよう、医療、食品、サプリ業界への参入を狙う。

     NAI社は、カルノシンβアラニンの開発研究に、長年にわたり多額の投資をしてきており、その間、特許とトレードマークを取得し、強い信頼を得ている。FDA、米国土安全保障省(CBP)、連邦取引委員会(FTC)などの連邦機関と連携し、未承認のβアラニンを購入・使用している企業を警告するなど、βアラニンの利用に関する安全とコンプライアンスを保護する活動も続けている。NAI社のパートナー企業の間では、様々な食品カテゴリーにおける安全かつユニークなβアラニン商品開発が進む。
    The Natural Products Association Honors CarnoSyn® Beta-Alanine with the 2019 Novel Ingredient and Science Award

自分で視点を調整しメガネを処方できるデバイス

【要素技術】

  • ・血液バイオマーカーアッセイで乳がん治療の効果を予測
  •  スウェーデンBiovica社と、米国最大のがんの臨床試験団体SWOG(Southwest Oncology Group)が、共同研究を開始した。過去に行われたSWOG0226という臨床試験の血液サンプルを使い、Biovica社が開発した「Divitum」という、がんの状態を評価するための血液バイオマーカーアッセイ(分析)の効果を実証する実験だ。

     SWOG0226とは、2004年から2009年にかけてカナダと米国の73の病院で行われた、707人のホルモン受容体陽性転移性乳がんを患う閉経後の女性を対象にした試験であり、2つの抗エストロゲン薬を投与された患者が、投与されていない患者と比較して延命効果が実証された。今回、この患者たちの血液サンプルをDivitumで分析し、SWOG0226の実際のデータと照らし合わせることで、この分析法が、ホルモン受容体陽性転移性乳がん患者の治療効果を正確に予測できるかを検証する。

     Divitumは、革新的なバイオマーカーアッセイであり、がんの治療効果をモニタリングし、予測するために用いられる。血清中のチミジンキナーゼ(TK)の活性度を測定することで、腫瘍の増殖能力を評価することができ、他の測定法に比べ、身体にメスを入れずに簡単に血液検査で測定できる利点がある。乳がん患者数は年々増加しており、現在日本人女性の12人に1人が乳がんになっている。がんの治療効果をすぐに確認し、適切な治療を行うための血液バイオマーカーアッセイの研究が急がれる。
    DiviTum® Included in New U.S. Cancer Study

  • ・自分で視点を調整しメガネを処方できるデバイス
  •  米PolyOne社のIQデザインチームが2019年米国インダストリアル・デザイナー協会の主催するIDEA賞(International Design Excellence Awards)においてソーシャルインパクトデザイン部門で「金賞」を受賞した。IDEA賞は、経済と生活の質に深く関わるデザインの価値を、一般やビジネス界に伝えることを目的として1980年に設立された、世界的に権威のあるデザイン賞である。審査は、製品の機能や美観だけでなく、革新性、利便性、社会性などの観点から行われる。今回金賞を獲得したのは、PolyOne社が、非営利団体Global Vision2020のために開発した「Usee self-refraction」というデバイス。このUseeを開発したのは、Global Vision2020の創立者でもあるJケビン・ホワイト氏だ。受賞を受け、Useeは、ヘンリー・フォード・アメリカン・イノベーション博物館に恒久展示される。

     このUseeとは、どのようなデバイスなのかというと、先進国で使用される眼科機器とは異なり、かすみ目で悩む患者が自分で視力検査表を見ながら視点を調整し、自分に合ったメガネの処方ができるというものだ。現地で訓練を受けた「屈折矯正士」たちが、診断をサポートしてくれる。Useeを使うと、15分で度付きメガネをつくることが可能で、値段はなんと5ドル以下で済む。PolyOne社の副社長のキャシー・ドッドさんは、「我々のIQデザインチームは、デバイスのデザインと生産のシンプル化に力を注いできた。より多くの人に安価なメガネを提供するこのグローバルな挑戦は、我々のサステナビリティー・ゴールに合致し、世界と地域コミュニティーへの貢献につながる」と話す。

     PolyOne社は、Useeの他に、専用のポリマー材料を用い、食品や医薬品の長期保存を可能にする、プラスチック量の少ない梱包素材を提供している。この素材は非常に軽量なため、従来の鉄、ガラス、木材などの重量のある素材の代わりに利用すれば、輸送の際の燃費性能を改善することができる。また、排水を最小限にする革新的な技術を用い、様々なセクターにおける梱包素材のリサイクル率を上げるための製品開発を続けている。
    PolyOne IQ Design Team Receives Gold IDEA Award for Social Impact

  • ・臨床シミュレーションで患者ケアの向上
  •  臨床シミュレーションがヘルスケアを急激に変える。シミュレーションとは、実際のイベントと同じ状況や環境を用意し、練習、学習、テスト、評価を行う技術である。9月16日から20日まで、米国の健康福祉(医療)領域におけるシミュレーションに取り組む学会Society for Simulation in Healthcare(SSH)が、ヘルスケア・シミュレーション週間を開催する。本イベントでは、シミュレーションセンターのツアー、またはオンラインのバーチャルツアーやシミュレーションビデオコンテスト、Facebookの討論会やセミナー、ソーシャルメディアの座談会などが行われる予定。

     シミュレーションを用いることによって、学習者は、作業の手順やダイナミックな意思決定、コミュニケーションなど、重要なスキルを習得し、膨大な量の仕事の管理法や、ストレスの高い環境の中で仕事を調整する能力を、練習を通して鍛えることができる。シミュレーションを使った訓練法により、縫合や出産などの様々な技術的な手順をトレーナーやマネキン、VRを使って体験できる。また、自然災害や銃乱射事件などをシミュレーションし、患者のロールプレイを通して、重要な場面に備えることができる。

     シミュレーションは、1人ひとりの学習者のスキル向上だけでなく、患者の安全と治療のために守らなくてはならないプロセスやシステムのパフォーマンスや、効果を試すリアルな体験を提供してくれる。病院では、様々な「もしも」に対応するための、適切なケアプロセスのモデルが必要であり、一連の手順を常に改善することが求められる。シミュレーション技術の向上により、健康福祉領域の教育、実践、研究を高度化することで、医療事故を減らし、医療安全の向上を目指す。
    Simulation Is Changing The Way That Healthcare Professionals Learn And Improve Patient Safety

(タイトル部のImage:Photobank -stock.adobe.com)