人類の夢、若返り。米国のLibella Gene Therapeutics社が、世界初の、20歳若返る「アンチエイジング遺伝子治療」の臨床試験を行うと発表しました。被験者は臨床試験の参加費用として破格の100万ドル(約1億円)を支払わなければならないという点でも、話題を呼んでいます。長年老化は自然現象と思われてきましたが、近年この見方は変わってきており、科学者たちの間では老化を「病気」として扱うようになってきています。老化は、染色体の末端部にある「テロメア」という構造を治療することで防げるといわれ、研究が進められています。

 一方、シンガポールの「タイムマシン」という教育用ウェブサイト上で、「人生の何年間をスマートフォンやタブレットの前で過ごすことになるか」を計算することができるというトピックもありました。なんと21歳の若者は、人生の11年間をデバイスの前に座って過ごすことになるという驚愕の結果が出ました。遺伝子操作で20年間若返った時間をどのように過ごしたいのか、今から考えておく必要があるかもしれません。


以下では、2019年11月18~22日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)等が配信したプレスリリースの中から、編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)に移動します。

【ビジネス】

  • ・コロンビアでアンチエイジング遺伝子治療の臨床試験が承認
  •  老化を止める画期的なアンチエイジング遺伝子療法の臨床試験が南米コロンビアで開始される。施設内IRB(治験審査委員会)により世界で初めて臨床試験の実施が承認され、今回20歳若返るという遺伝子治療に挑むのは、米Libella Gene Therapeutics社だ。この臨床試験は珍しいpay-to-play方式を採用し、参加に同意した被検者はなんと100万ドル(約1億円)を支払い、コロンビアの病院へ移ってLibella社の遺伝子治療を受けることになる。

     最近の研究では、老化は体の中の「テロメア」という、染色体末端部にある構造が、年とともに擦り減ることが原因だということが分かっている。テロメアは、「体の時計」といわれている。細胞が分裂するたびにテロメアは短くなり、分裂が徐々にうまくできなくなっていくことで老化が進む。過去の研究で、テロメアを伸ばすことで若返りの症状が表れることは既に実証されている。今回の若返り遺伝子治療は、Libella社独自のAAV(アデノ随伴ウイルスベクター) 逆転写酵素を用い、テロメアを長くすることに焦点を当てる。既に200の臨床試験によって安全性が確認されており、マウスの遺伝子実験では、老化を抑制して寿命が延びるという結果が出ている。

     なぜ、試験を北米ではなく南米コロンビアで実施することにしたのかについて、Libella社社長のジェフ・マチス博士は「北米では、臨床試験を行うためには何年もかかり、何十億ドルという高いコストがかかる。コロンビアではより迅速に、コストを抑えて試験を行うことができる上、今回の試験のためのテクノロジーと有能な科学者、医師、研究パートナーがそろっており、準備は万端だ」と語る。人間の究極の目標である若返りの臨床試験、結果が注目される。
    Breakthrough Gene Therapy Clinical Trial is the World's First That Aims to Reverse 20 Years of Aging in Humans

  • ・人生の何年間をスマホの前で過ごすことになるか
  •  シンガポールのPlano社の「Planoタイムマシン」というウェブサイトが面白い。このサイトに登録すると、ユーザーは自分がこれからの人生の中でどれくらいの時間をスマホやタブレットの前で過ごすことになるかを算出し、数字で示してくれる。サイトは最新のデータとアルゴリズムを活用し、ユーザーが自分のインターネットの過剰使用に意識を向けるよう警告する、教育目的で作られたものだ。このPlanoタイムマシンはリリース後すぐに話題になり、数日で43カ国以上から3000件以上のアクセスがあった。そこで明らかになったのは、21歳の平均的なユーザーは今後の人生において11年間(1日8時間で計算)をオンラインデバイスの前で過ごすことになるという、驚愕の事実だ。シンガポール人に至っては、1人平均15年間、つまり人生の33%もの時間をデバイスの使用に費やすことになるという結果が出た。

     シンガポールの広告会社We Are Social社の2018年の調査報告によると、インターネット利用者は1日平均6時間をスクリーンの前で過ごしているという。デバイスの画面を見過ぎることによって、不安症やうつ病、近視、心血管疾患、糖尿病やがんのリスクも高まることが警告されている。Plano社のCOOのケビン・テイ氏は「Planoタイムマシンは、人生の最も重要な質問に回答する手助けをしてくれるツールとして開発した。質問は、残された人生の時間をあなたはどうやって過ごしたいのか、ということだ。普段あまり考えたくない質問かもしれないが、ユーザーをはっとさせる目覚ましになればと思う。人生の時間の使い方を自分の問題として受け止め、自己管理を促していきたい」と述べる。

     過去100年の間に平均寿命は2倍以上延びたにもかかわらず、現代人は日々時間が足りないと感じて生活している。今、4歳児の97%がスマホやタブレットを使用し、3歳以下の子供は平均2時間から5時間をデバイスの前で過ごしているというデータもある。まだ歩き始めたばかりの1歳児の3分の1が1日1回デバイスを使用しているという。スマートデバイスとのスマートな付き合い方を模索するべく、スクリーンからいったん目を外して人生の時間を見つめなおそうではないか。
    We Lose 11 Years on Smart Devices: Singapore health tech company calculates the cost of screen time with this revolutionary tool

  • ・おなかに巻くバンドで、いつでもどこでも胎児の遠隔モニタリング
  •  母体と胎児のヘルスケア業界のリーダーである米国のNuvo Group社が、妊娠モニタリング・管理プラットフォーム「INVU」の新臨床データを発表した。フィラデルフィア市で開催された米国心臓協会学術集会(AHA2019)で発表された研究のタイトルは「妊婦と胎児のための、自分でできる、非侵襲性の遠隔心電図検査(ECG)」。本研究は、18歳~50歳までの、妊娠32週目以降に入る健康な女性150人が被験者となり、妊婦と胎児の心拍数を、遠隔のINVU技術と従来のCTG (cardio toco grap)技術とで測定し、比較した。結果、両データはほぼ同じであり、INVUによる遠隔モニタイングの高い潜在性が示された。

     おなかにフィットする柔らかいINVUのセンサーバンドを着用すると、母体と胎児から複数のデータが収集可能だ。母体と胎児の様々な生体データを同時に取得した後、INVUプラットフォームのクラウド環境へ送信される。データ処理と分析を行った後、医療チームと妊婦の元へ送られ、管理する仕組みだ。

     胎児の心拍数モニタリングプログラムのディレクターであるジャック・リチック博士は、「このユニークなツールは、胎児の心拍数を継続的に、簡単に、正確に測定することを可能にする。胎児の不整脈や心拍数の変動を検知して長期的に管理し、今後母体と胎児の様々な症状の改善につなげていきたい」と語る。おなかの中からヘルスケアイノベーションは始まっている。
    Nuvo Group Presents Positive Data Results For Remote Maternal-Fetal Heart Rate Monitoring At The American Heart Association Scientific Sessions 2019