がんの兆候が現れる前の早期の段階で乳がんの有無が分かる血液検査が現実味を帯びてきた。免疫系では乳がん細胞が産生する腫瘍関連抗原(TAA)に遭遇すると自己抗体が産生されるが、これらの自己抗体を血液検査で検出することで、乳がんを妥当な精度で発見できたという。この研究は英ノッティンガム大学のDaniyah Alfattani氏らが実施したもので、英スコットランドで開催された英国がん研究機構の学術集会(NCRI 2019、11月3~5日、英グラスゴー)で発表された。

 Alfattani氏らは今回の研究で、乳がん患者90人の診断時に採取された血液検体と、乳がんのない女性90人(対照群)の血液検体をタンパク質マイクロアレイと呼ばれるスクリーニング技術を用いて分析。乳がんに関連する40種類のTAAと、乳がんとの関連は不明な27種類のTAAに対する自己抗体の有無を調べた。

 その結果、検査で使用されるパネルに含まれるTAAの種類が多いほど血液検査の精度が高まることが分かった。例えば、5種類のTAAが含まれるパネルでは、乳がん患者から採取された血液の検査で正確に乳がんと判定された割合は29%(感度)、対照群の血液検査で正確にがんがないと判定された割合(特異度)は84%だったが、7種類のTAAパネルでは感度35%、特異度79%となり、さらに9種類のTAAパネルでは感度37%、特異度79%であった。