慶応義塾大学医学部が主催する「第4回 健康医療ベンチャー大賞」の決勝進出チームが決定した。2019年12月8日に東京都内で開催される決勝大会で、ファイナリストによるプレゼンテーションを実施する。

 ここ数年、医師が自ら起業する例が目立つようになってきている。その流れの中、医学部生の起業マインドの育成に向けたタスクフォースを立ち上げ、2017年に開始したのが「健康医療ベンチャー大賞」だ。社会人部門と学生部門がある。当初は慶応義塾大学に関連があるチームによるイベントだったが、今では募集要件は同大学とのつながりを無関係としている。

以前の「健康医療ベンチャー大賞」の様子(写真:Beyond Healthが撮影)

 前回の第3回健康医療ベンチャー大賞では、社会人部門はIcaria、学生部門はMETRICAが優勝した。いずれもその後、業界内から様々な形で評価されている。

 Icariaは、尿からがんを早期に検出することを目指すスタートアップ。このほど、東芝が血液1滴から13種類のがんを99%の精度で2時間以内に検出する技術の開発を発表したが、そこで着目しているのが血液中に含まれる「マイクロRNA」と呼ぶ分子(関連記事)。Icariaも同様に、マイクロRNAを調べることでのがん検出を目指すが、血液中ではなく尿中に含まれるマイクロRNAを独自デバイスによって分離・回収するのが特徴だ。

 優勝直後の2019年2月には総額数億円前半の資金調達を実施。同年7月に開催された招待制カンファレンスInfinity Ventures Summit(IVS)2019 Summer Kobeのスタートアップ・ピッチコンペ「LaunchPad」でも入賞を果たしている(関連記事)

 学生部門のMETRICAは、「エッジコンピューティング×AI」によって医療・介護現場のワークフロー改善を目指している。ベンチャーキャピタルであるライフタイムベンチャーズが2019年に設立した最大10億円規模の2号ファンドの投資先として、同社は高く評価している(関連記事)