「ジェンダー・フルイディティー」や「ジェンダー・ニュートラル」というのが、今の美容整形業界のトレンドだそうです。あまり聞いたことがない言葉ですが、ジェンダーに境界線を引かずに、流動するもの(fluidity)として捉えようという意味が込められています。米国の美容整形外科の権威であるアレクサンダー・リブキン博士によると、最近の美容整形外科手術の傾向として「男はこうあるべき、女はこうあるべき」という伝統的な観念にとらわれずに、女性は力強さ、男性は華やかさをフェイスラインに求めるようになってきているといいます。美容やファッション界だけではなく、心と体の健康を目指すヘルスケアと医療界においても、ジェンダー・フルイディティーが新たなアプローチになりそうです。


以下では、2019年11月25~29日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)等が配信したプレスリリースの中から、編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)に移動します。

【ビジネス】

  • ・今最も新しい美容の在り方、「ジェンダー・フルイディティー」
  •  手術を行わない美容整形外科の権威であるアレクサンダー・リブキン博士が最新の美容トレンドについて発表した。今、最も新しい美容の在り方とは、「ジェンダー・フルイディティー」だという。男性にも女性にも分類されない性別認識である「ノンバイナリー」がファッションと美容の主流となり、レッドカーペットを歩くグラマラスなルックスよりも、マテル社の「ジェンダーフリー人形」に見られるように、男女の性差が少なくなってきている。ちなみに、ジェンダーフリー人形とは、バービー人形で知られるマテル社が発表した、社会に存在するジェンダーステレオタイプを取り除くことを目的としたコレクションである。「男の子はこうあるべき」「女の子はこうあるべき」といった既成概念の枠にとらわれずに、人形を中性的な小物や服で自由にカスタマイズして遊べる工夫が施され、時代に敏感な若い親世代の間でちょっとしたブームとなっている。

     リブキン博士は、クリニックを訪れる患者の好みが伝統的な女性らしさではなく、よりニュートラルな外見へと移っていると言う。「患者の美学は明らかに中性寄りに傾いている。女性は男性的な要素を、男性は女性的な要素を外見に取り入れたがるようになってきた」と語る。「昔は、女性は鼻をなだらかなスロープ型にし、ソフトな輪郭を求めたが、今はシャープで真っすぐな顎のラインや鼻が人気ある。男性は、唇や頬にボリュームを加えることで若々しさと華やかな魅力を加えるようになってきている」

     リブキン博士は非侵襲的で、非剥離的な手法を用いる新たな美容整形テクニックを編み出してきた。フィラーと呼ばれるミクロサイズやナノサイズの素材を正確に鼻や顔のラインに施術し、ボトックスと組み合わせて16年間、美容整形の最前線で活躍してきた。「最近の美容トレンドの変化は特に著しい。女性は自信と強さを、男性は繊細さを求めるようになり、この性差の流動性が、現代の美の姿だ」と言う。「ジェンダー・フルイディティー」は、これからの美容整形や美容ビジネスの重要なキーワードとなりそうだ。
    Dr. Alexander Rivkin Reveals Gender Neutrality May Be the Next Big Cosmetic Surgery Trend

  • ・ソフトバンクとのジョイントベンチャー、リキッドバイオプシーで受賞
  •  ソフトバンクと米Guardant Health社のジョイントベンチャーである米Guardant Health AMEA社は、プレシジョンオンコロジー(精密腫瘍学)の世界的リーダーとしてがん撲滅に取り組んでいる。その実績が認められ、米Frost & Sullivan社が主催するGrowth Excellence Leadership Awardの2019年アジア太平洋リキッドバイオプシー「ベストプラクティス」賞を受賞した。Guardant Health AMEA社のCEOであるシムランジ・シン氏は「今回の受賞をうれしく思う。私たちは、アジア・中東・アフリカ(AMEA)地域のステージの高いがん患者に画期的なリキッドバイオプシー「Guardant360アッセイ」を提供し、正しい治療サポートを続けてきた。ラボで患者の検体を受け取ってからわずか7日間で医師に分析結果を送付し、患者にとって最適な治療を行うサポートができる」と語る。

     リキッドバイオプシーは、内視鏡や針を使って腫瘍組織を採取する従来の生検(biopsy)に代わり、血液などの体液サンプルを使って診断や治療効果予測を行う技術。患者の負担が小さく、しかも腫瘍の遺伝子情報を踏まえた治療につながるとして、世界中で研究開発が進められている。Guardant360アッセイは2014年に導入されて以来、6000人以上のがん専門医から10万件以上の分析依頼に応えてきた。複数の種類の固形がんに対し、研究者仲間によるピアレビューが140件以上集められ、アッセイの臨床効果が報告されている。日本でも、Guardant360アッセイは肺がんのLC-SCRUM(遺伝子スクリーニング)や胃がんのGOZILA(血液を用いた遺伝子解析研究)などのスクリーニングプロジェクトに使用され、がん患者と適切な治療薬のマッチングを行う「プレシジョンメディシン」が促進されている。

     独自の血液検査技術、豊富なデータ、先端的アナリティクスを活用したGuardant Healthオンコロジー・プラットフォームは、臨床研究や商用化のための各種承認、最適な治療提供、ヘルスケアコストの削減を実現できるツールだ。ステージの高いがんの再発をより早く発見し、効果的な治療につなげられるリキッドバイオプシーの技術に期待が寄せられる。
    Guardant Health AMEA wins this year's Growth Excellence Leadership Award by Frost & Sullivan

  • ・中国SonoScape社、超音波内視鏡に最新AIテクノロジー搭載
  •  「命をイノベーションで守る」企業として2002年に設立された中国のSonoScape社は、医療用超音波とエンドスコープ(内視鏡)ソリューションを提供する世界トップ10ブランドの1社だ。先日、ドイツで開催された世界最大の医療イベントMedicaで、新製品を発表した。同社が初めて開発したエコーエンドスコープの「EG-UR5」、4-LEDの光とSFI/VISTテクノロジーを搭載した内視鏡「HD550」、そして、新たな超音波システム「P60」だ。

     EG-UR5は、中国製品でEUに初めて承認されたエンドスコープである。SonoScape社の超音波と内視鏡の優れたノウハウを組み合わせ、プレミアムカラードプラ超音波とのペアリングができる。ドプラ超音波技術を使うと、心臓内部の血流を直接観察することが可能になる。EG-UR5は、光の強度をアップグレードし、白色光モードと色素内視鏡モード両方における画像の解像度を向上させることで、質の高い診断を可能にする。P60は、胃腸疾患だけでなく、女性疾患にもAIの活用を広げ、妊娠計画や胎児検診、胸部や骨盤の画像検査などに焦点を当てる。SonoScape社は、シリコンバレーや東京をはじめとする7つのR&D(商品開発)センターで、年間売り上げの18%をR&D活動に再投資し、最先端のテクノロジー開発を行っている。

     Medicaは、世界最大の医療機器の商談会である。5100社を超える出展者が参加し、世界130カ国から12万人を超える専門ビジターが来場する。今年は、軽量ロボットが医師をアシストしながら、侵襲性を最低限に抑え、正確性の高い手術が行われる様子も紹介された。未来のAI医療ソリューションが、目覚ましく進化する。
    Venturing into the future of healthcare with AI - SonoScape at Medica 2019

  • ・「おうちジム」のオンライントレーナーの資格、米国で新設
  •  米International Racquet & Sportsclub協会が発表したデータによると、何百人もの消費者が、従来のスポーツジムへ通うスタイルから、アプリやオンラインを使った「おうちジム」に移行しているそうだ。このトレンドにトレーナーたちも乗り遅れないために、「オンライントレーナー」のための資格が新設された。米Fitness Mentors社CEOのエディ・レスター氏は、「2022年までにデジタル・フィットネス・マーケットは27.4億ドル(約3000億円)に達する見込み。消費者のニーズに応え、スマートデバイス、アプリ、オンデマンドと仮想インターフェイスによって、ますます多くのトレーナーと消費者がクラウドにつながるようになるだろう」と話す。

     新たなオンライントレーナーの資格は、トレーナーが消費者の需要を把握し、いつでもどこでもより効果的なサービスを提供できるようデザインされている。オンラインのパーソナルトレーニングモデルには、様々な種類がある。ソフトウェアやメール、アプリを介した、プライベートなパーソナライズトレーニングモデル、ダウンロードできる定型のトレーニングメニューや動画、オンラインと対面式を組み合わせたハイブリッドトレーニング、ライブストリーミングによるオンラインのパーソナルトレーニング、グループトレーニングの動画など、様々だ。これらのトレーニング法各種を、資格を取得したトレーナーが自由に組み合わせ、カスタマイズすることが可能だ。また、プログラムには12のトレーニングテンプレートがボーナスとして最初から含まれており、トレーナーがすぐにサービス提供を開始できるよう工夫されている。おうちジムの人気が高まるにつれ、トレーナーのビジネススタイルも多様化する。
    Fitness Mentors Creates Certification to Prepare Personal Trainers for Millions of Consumers Using the Internet to Exercise at Home

毛細血管から直接採血する血糖自己測定デバイス

【プロダクト/サービス】

  • ・70代の発明家夫婦、トイレの椅子に取り付ける快適な背もたれを開発
  •  毎日使用するトイレ、もっと座り心地良くならないだろうか? 米Dennis Green Design Group社が開発した「Throne Daddy」は、トイレのフタに貼る柔らかいパッドが背中を守り、トイレタイムを快適にしてくれる便利なアイテムだ。発明したのはなんと70代の夫婦。夫のデニス氏は椎間板ヘルニアを患い、トイレに座る際に腰をサポートしてくれるツールを探していた。もし市場にないなら、もともと発明家である自分たちの出番だと、まずはQuoraやThrone Daddyのフェイスブックサイトにトイレの座り方について質問を投げてみたという。

     回答者のコメントを集計した結果、男性の多くはトイレに座る際、後ろに寄り掛かるにはイスのフタが遠過ぎる上、フタのヘリが背中に食い込んで痛いため、前のめりの姿勢で、肘を膝に乗せた形で雑誌などを読んでいることが分かった。一方、女性はというと、トイレに止まり木のように軽く腰掛ける傾向があり、男性に比べてトイレで過ごす時間が短いことが分かった。医学的研究でも、トイレの前方に浅く座ることで、足がしびれることが証明されている。Throne Daddyのマシュマロ素材の背中当ては、人間工学に基づく正しい姿勢が自然に取れるようデザインされている。

     実は女性からは、Throne Daddyのフェイスブックに苦情が寄せられている。「これ以上夫のトイレの時間が長くなると困る」というものや、「次はトイレにビールサーバーが欲しいと言い出すかもしれないわ」と、トイレを今以上に快適にすることに後ろ向きな意見もある。中には賛成派もおり、「ゴルフ場で5時間過ごされるよりは、トイレタイムが数十分延びるくらいいいじゃない」と言う声もある。この70代の夫婦は、41年の間に50個以上の発明品を世の中に提供しており、ウェブで起業家向けに新商品開発の教育も行っている。ちょっとした思い付きが日常をちょっとだけ快適に変えてくれる「トイレテック」にまだまだ商機がありそうだ。
    Couple in Their Seventies Invents a Backrest for the Toilet

  • ・ヒアラブルデバイスにスイス製超小型バイタルモニタリングセンサー
  •  最近、「ヒアラブル」という言葉をよく耳にする。ヒアラブルは、ウエアラブルの次を担うトレンドとして、headphoneとwearableを組み合わせた造語であり、耳に装着できる小型デバイスを指す。ヒアラブルは、ディスプレーを使わずに、ハンズフリーでインターネットとつながる「耳を通じた新たなコミュニケーション」を実現する、未来のコンピューティングスタイルである。ヒアラブルデバイスの中に搭載するバイタルサインモニタリングセンサーに求められるのは、(1)長いバッテリー寿命(2)測定の正確性(3)超小型ボディー──の3つの要素だ。この3つをしっかりと備え、ヒアラブルデバイスの普及を支えるのが、スイスActLight社の「Dynamic PhotoDiode」だ。

     この繊細な機器は、超小型検知器(0.2平方ミリメートル以下)と最小限のLEDパワー(1uW/H2以下)を駆使し、センサーは70db(デジベル:音の強さを表す単位)SNR(信号対雑音比)を実現。このソリューションは強力なシグナルを出力し、AFE(アナログフロントエンド)という微弱で雑音成分が多く含まれるアナログ信号を調整してデジタル信号に変換する役割を持つ回路が不要なため、システム全体の電力消費を抑える点でも優れている。

     スイスに拠点を置くActLight社は2011年に設立され、大規模な光集積回路を可能にするCMOSフォトニクスに焦点を当て、顧客にIPのライセンスを供与している。同社のCMOSプロセスを用いたフォトニクス技術は特許を取得済みであり、飛行時間(TOF)ベースの距離計、バイタルサインモニタリング、3D/2Dカメラなど、様々な光検出アプリケーションの効率と精度を大幅に向上させることができる。ActLightはIoT(モノのインターネット)市場において、ヒアラブルデバイスだけではなく、ウエアラブル、ヘルスケアと医療技術、自動運転、ドローン、ロボット工学など、様々な分野での利用が広がりそうだ。
    ActLight: Ultra Small, Very Low Power Consumption Heart Rate Monitoring Sensor for Hearables? You Need the ActLight Dynamic Photodiode

  • ・痛くない、ユーザーフレンドリーな血糖自己測定デバイス
  •  米Genteel LLC社が提供する痛みの少ない、血糖自己測定デバイス「Genteel」が、家の近くの薬局やオンラインで手軽に購入できるようになる。Genteelは、毛細血管から直接採血する方式のため、痛みがほとんどなく、しかも体の様々な部位から採血することができる便利なツールだ。糖尿病患者は、病院だけでなく、自宅でも血糖測定を行い、しっかりと血糖を管理することが求められる。しかし、敏感な指先に針を刺して採血するのが苦手という人は多い。一般的な採血デバイスは、どうしても指先に針を刺すタイプが多い中、「Genteel」は、世界で唯一米食品医薬品局(FDA)から承認され、体の他の部位からも採血できる採血器として注目される。針が刺さる深さを正確に制御する最先端の採血テクノロジーは、今までの採血器とは一線を画す。

     糖尿病は治療法が確立しておらず、世界中で4億人が罹患しているといわれている。また患者の数は、2040年には6.4億人に増えると予想されている。糖尿病は、慢性腎臓病や下肢切断、心臓発作、失明のリスクがあるため、気を付けなければならない疾病である。合併症の予防や病気の進展を抑制するには、質の高い血糖管理が不可欠だ。1日の血糖の変化を正確に知ることは、インスリン注射をきめ細かくコントロールし、主治医の治療計画に役立つインプットとなる。

     グルコース値の自己測定の度に、指先に指すような痛みやしびれを感じてきた患者も、指先に「今までお疲れ様」と伝え、これからは安心してGenteelで血糖管理ができる。患者が治療を長期的に継続するには、まずは痛みというマイナス要素を取り除く必要がある。治療が順調に継続すれば、健康状態の改善、HbA1c値の低下、大幅な医療費の削減につながる。Genteelはこれから2周目の臨床研究に入り、どんな効果が実証されるか楽しみだ。世界的に糖尿病患者が増える中、より良い血糖管理アシストツールが求められている。Genteelの価格は49.44ドル。ユーザーフレンドリーな機器として、今後オンラインや店舗薬局への提供を拡大し、お財布にも体にも優しいテクノロジーを目指す。
    Genteel: For Those with Diabetes, Painful Blood Sugar Checks Are a Thing of the Past

米国産ピスタチオはメラトニンの宝庫

【要素技術】

  • ・心臓発作のリスクを計算するデジタルデシジョン(意思決定)ツール
  •  英国の血栓症研究所(TRI)は、心房細動(AF)と診断された患者の治療において、臨床医の意思決定を支援する革新的ツール「GARFIELD-AFリスク計算機」をリリースした。この計算機は、様々な治療オプションによって起き得る心臓発作、大出血、致死率を患者個別に推測し、疾患のリスクスコアを臨床予後診断に生かすことができるユニークなツールだ。

     実は、心臓発作のリスクが非常に低い患者の多くが抗凝固療法(血栓の形成を防ぐために、血液を固まりにくくする治療法)を受けているのに対し、リスクの高い患者の3分の1は抗凝固療法を受けていないという状況がある。このギャップに対処するため、TRIはリスクを迅速に計算するリスクツールを開発。臨床医は、一度の計算でより多くの情報と根拠に基づいた、効果的な決定ができるようになる。この計算機は、年間4万人近いGARFIELD-AF参加者のデータを使用し、2年の間に5万2000人を超える患者データを元に心房細動の発作予防への知識を深めてきた。

     しかし、まだ臨床応用に向けた課題は残る。病気の根本的なリスク要因は危険因子と非線形的(心拍数、血圧)に関連する可能性があるのに対し、リスク計算機は、単純化された二パターン(心不全、高齢)のリスクスコアを使用する場合が多い。また、評価基準をカテゴリーに変換すると、スコア上はそのカテゴリーの全員が同じリスクレベルを持つことになってしまう。

     臨床リーダーのキース・フォックス教授は、「GARFIELD-AFリスク計算機は、年齢、体重、脈拍、血圧の実際の値を維持し、2年間の治療の選択による結果の違いを提示することができる」と説明した。GARFIELD-AFリスク計算機は、誰でもサイトにアクセスすれば、自由に登録することができる。近いうちにリリース予定のアプリ版計算機は、臨床でこれから広く活用されることが期待される。
    Thrombosis Research Institute (TRI) Launches Innovative Risk Calculator for Predicting Stroke, Major Bleeding and Mortality in Atrial Fibrillation Over Two Years

  • ・米国産ピスタチオはメラトニンの宝庫
  •  米ルイジアナ州立大学のジャック・ロッソ教授とミリャント・エボアアウジー氏がAmerican Pistachio Growersと共同開発を行い、アメリカで育てたピスタチオには、他の果物、野菜、シリアル、マメ科植物、シードと比べて、メラトニンの含有量が各段に高いことを発見した。ピスタチオ1個にメラトニンは660ナノグラム含まれる。メラトニンの多い食品として有名なケールでも1gにつきメラトニン含有量は42ナノグラムであるため、その差は歴然だ。

     メラトニンは、脳の松果線で生成されるホルモンであり、私たちの体内時計をコントロールし、睡眠サイクルを制御する働きがある。頻繁な出張や不規則なワークスケジュール、その他様々な要因で引き起こされる不眠症、不規則な睡眠パターンに悩む人々には、メラトニンサプリも有効とされる。

     今回の研究では、ピスタチオにメラトニンが豊富に含まれるだけでなく、2つの生理活性物質、「ルナシン」と「ボーマン・バーク・インヒビター」も含まれ、抗炎症性や抗血管新生活動が見られ、2型糖尿病の管理に役立つことが発見された。さらに、ピスタチオに含まれるルティン、ゼアキサンチン、ポリフェノールにも健康増進作用がある。ピスタチオは美味しくて栄養豊富なスナックのふりをしながら、ビタミンや抗酸化物などをいつの間にか体に届け、私たちの健康と元気にしっかりと貢献してくれる。スーパーで品切れになる前に、たくさん蓄えておこう。
    Study Finds American Grown Pistachios Contain Melatonin

  • ・10人中9人が吸入デバイスを誤って使っている
  •  気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器疾患の治療に使う吸入デバイスを、誤って使用する例が相次いでいる。なんと10人中9人が、使用の際1つ以上の間違いを起こして治療効果を妨げており、4人中1人しか医師から適切な使い方の指導を受けていないという。誤った使用例としては、吸入前に、吸入器のフタを外すのを忘れたり、粉の薬剤を入れ忘れたり、吸うタイミングが早過ぎたり、遅過ぎたりする例が挙げられている。この驚くべきデータは、International Menarini Foundationが協賛する国際シンポジウムで発表され、呼吸器疾患の正しい教育の必要性が見直された。

     チェコ共和国では、50万人が呼吸器疾患を抱える。Hradec Kralove大学病院教授のウラジミール・コブリゼク氏は、「吸入の前に息を吐く必要があるが、患者の多くは息を吐かずに吸入したり、吸入器の中に息を吐いたりしてしまう。また、吸入器を振る必要がないにもかかわらず、吸入前に何度も振ることもある。こうすると、吸入の効果がなくなってしまう。成人は、吸入に5秒、子供は2~3秒使ってゆっくり吸う必要があるが、多くの患者は早く吸い込み過ぎたり、十分に吸い込まなかったりしている」と指摘する。

     吸入器によって、一定に強さでゆっくり吸い込まなければならないものと、素早く、強く吸い込む必要があるものとある。全ての患者が、自分のデバイスの仕組みをしっかりと理解し、使い方をマスターしなければならない。また、調査では90%の患者が4種類の異なる吸入器を保有していることが判明した。理想的なのは、医師により、患者に最もフィットする吸入器を1種類のみ選定してもらい、それだけを正しく使うことである。患者が効果を実感しながら、治療を継続するには、医師がどれだけの時間をかけて患者一人ひとりを教育できるかにかかっている。それこそが医療機関で治療を受ける価値であり、エラーフリーな疾患管理の要だといえる。
    Charles University: Half a Million Czechs Suffering from Shortness of Breath With Nine Out of Ten Using Sprays and Inhalers Incorrectly

(タイトル部のImage:Photobank -stock.adobe.com)