オムロン ヘルスケア(京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲氏)は12月3日、腕時計型ウエアラブル血圧計「HeartGuide」を発売しました。幅の狭い新構造のカフを独自に開発し、測定方法は医療機関の自動血圧計や家庭血圧計に使用されているオシロメトリック法を採用。常時手首に装着することで測りたいときにいつでも簡単に、従来の血圧計と同等の高精度で血圧を測ることができるといいます。

 血圧に加え、歩数や歩行距離などの活動データ、睡眠時間なども測定でき、これらのデータは専用アプリで管理できるそうですが、何より期待される機能は、外出先や自宅などで随時測定することにより、従来専門医が精密検査に使ってきたABPM (Ambulatory Blood Pressure Monitoring:24時間自由行動下血圧測定)のような役割を果たせること。夜間や早朝、ストレス下の高血圧、仮面高血圧、白衣高血圧など診察室や家庭血圧測定では分からない血圧の日内変動や日差変動を調べることが可能になります。近年、診察室での血圧が正常でもそうした血圧変動がある人は、高血圧患者と同等以上に心血管疾患のリスクが高いことが知られています。怖い脳卒中や急性心筋梗塞から人々を守る強い味方になりそうです。(大滝隆行=Beyond Health)


以下では、2019年11月22~29日に配信されたプレスリリースの中から編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(WebサイトやPDFなど)に移動します。

【ビジネス】

【プロダクト/サービス】

【要素技術】

(タイトル部のImage:jalisko -stock.adobe.com)