近い将来、血液検査を受ければ、老化の進み具合を判定できるようになるかもしれない──。そんな研究結果を、米スタンフォード大学アルツハイマー病研究センターの共同ディレクターを務めるTony Wyss-Coray氏らが「Nature Medicine」12月号に発表した。

 Wyss-Coray氏らは今回、18~95歳の男女4,263人を対象に、血漿(血液から細胞成分を除いた液体成分の一つ)中の2,925種類のタンパク質を測定し、分析。このうち373種類のタンパク質が老化と関連することを突き止めた。

 Wyss-Coray氏は「リポ蛋白の値が心血管の健康度の指標であるように、血液中の特定のタンパク質を測定すると健康状態に関する情報が得られることは長く知られている」と話す。しかし、同氏らによれば、今回の研究で測定したタンパク質のうち、約3分の1の値が加齢とともに明らかに変化したという結果は予想外だったという。

 この結果について、Wyss-Coray氏は「体を構成する細胞成分の多くはタンパク質が占めている。それらが相対的に大きく変化するということは、人間の体全体にも変化が起こっていることを意味する」と説明。「血漿中の数千ものタンパク質を測定すると、体全体で起こっている変化を表すスナップショットが得られることに等しい」と話している。