国立がん研究センターとNHKエンジニアリングシステム、オリンパスは、8Kスーパーハイビジョン技術(以下、8K技術)を用いた腹腔鏡手術システムの開発とそれを応用した遠隔手術支援システムに関する研究を開始する。全国どこでも質の高い内視鏡手術が受けられるプラットフォームを構築し、外科医師の偏在といった課題解決を目指す。

 具体的には、次の4点に取り組むとしている。

(1)8K内視鏡システムのさらなる小型軽量化・操作性の向上に向けた試作器の開発

(2)8K内視鏡システムにより得られた高精細な手術映像データを、手術を実施する医師と遠隔地にて指導する医師の間でスムーズに送受信し、得られた情報から術中の重要点の提示などを可能とする遠隔手術支援システムの開発

(3)遠隔手術支援システムの医療上の有用性について検証し、医療機器としての実用化・普及に向けた具体的計画を策定

(4)8K内視鏡手術映像データベースの構築を行い、診断などへの利活用に向けた具体的方策の検討・検証を通じて、医療の質の向上に向けた具体的計画を策定

今回の開発イメージ(出所:プレスリリース)

 昨今のがんの外科手術では、低侵襲性の観点から内視鏡手術のニーズが高まってきている。しかし、同手術はモニターを見ながら行うため、手術の質が画面の解像度に影響されやすい。さらに、2次元であるため空間認識が困難、術中展開や術中操作の制限があるといった欠点を有する。

 国立がん研究センター中央病院とNHKエンジニアリングシステム、オリンパスの3者は、2016年度から2018年度にかけてAMED(日本医療研究開発機構)による「8K等高精細映像データ利活用研究事業」で8K内視鏡システムの開発を実施の試作機を開発し、手術への活用における有用性評価などを進めてきた。

NHKエンジニアリングシステムとオリンパスがそれぞれ専用に開発した8Kカメラとスコープ(出所:プレスリリース)

 今回は、これらの研究を発展させ、より操作性を向上させた8K内視鏡手術システムを開発しようとするもの。同時に、8Kならではの「拡張現実感」を保持した手術現場の映像を遠隔地に伝えるシステムを開発することで、専門医師の不足や地域的な偏在の解決を狙う。

(タイトル部のImage:f11photo -stock.adobe.com)