新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の特効薬が待たれる中、米国の製薬企業は世界保健機関(WHO)の治療薬候補リストにある1剤を、規制当局の追加承認が得られ次第、4月中旬にも販売を開始すると発表しました。また、病院へ行かなくても、自宅で手軽にできるCOVID-19スマホ迅速診断テストが米国で2カ月後に提供される予定です。期待されるワクチン開発の方は、クラウド型HPCプラットフォームが無償提供され、世界中の研究者の知見を結集し、ビッグコンピュートによる遺伝子解析が一気に加速します。


以下では、2020年3月16~20日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)等が配信したプレスリリースの中から、編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)に移動します。

【ビジネス】

  • ・COVID-19の治療薬候補、4月中旬提供開始へ
  •  米ペンシルベニア州に本社を置くグローバル製薬企業Mylan社は、自社で製造するヒドロキシクロロキン硫酸塩を主成分とする医薬品の製造を再開した。この医薬品は、マラリアや全身性・皮膚エリテマトーデス、関節リウマチの治療薬として米食品医薬品局(FDA)から承認されており、COVID-19の治療薬候補としてWHOのリストに挙げられているものだ。

     同社は、今後この医薬品の需要急増に対応するため、西バージニア州にある工場で製造を開始し、海外の拠点でも製造を数週間以内に始める予定だ。各国政府や保健機関と協力し、患者のニーズにすぐに応えることができるよう、準備を整える。

     Mylan社は4月中旬から薬の供給を開始する計画だ。同社の製造能力は高く、今手元にある原料だけで想定150万人以上の患者に5000万錠を提供可能だという。このCOVID-19治療薬候補の使用を開始するにはFDAの追加承認やその他の規制当局のガイダンスが必要であり、現在正式な承認が下りるのを待っているところだ。

     Mylan社は既に世界165カ国と地域で7500種類以上の医薬品を販売しており、特に同社が提供する抗レトロウイルス治療薬は、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)/AIDS(後天性免疫不全症候群)患者の40%に使用されているメジャー製品だ。いまだに解決されていない課題に革新的なソリューションを提供し、「簡単な解決策ではなく、正しい解決策を」をモットーに、危機を乗り越えるためにグローバルなリーダーシップを発揮する。
    Mylan Ramps Up U.S. Manufacturing of Hydroxychloroquine Sulfate Tablets to Meet Potential COVID-19 Patient Needs

  • ・スマホを使い15分でできるCOVID-19遠隔診断テスト
  •  スマートフォンを使用して在宅で簡単にできる診断テストを開発する米Scanwell Health社が、中国Innovita社の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の迅速血清テストの専売権を獲得した。診断テストは、Scanwell社のヘルスアプリを使用し、15分でできる。テストを受けると数時間後には、医師や看護師から診断結果と対策が提供される仕組みだ。わざわざ病院へ行く手間を省くことで、無症状の新型コロナウイルス感染者も手軽にテストが受けられるようになる。より多くの感染者を検出し、効果的に隔離を行い、ウイルス拡大を阻止することができる。

    SARS-CoV-2迅速診断テストアプリ(出所:Scanwell Health社プレスリリース)

     このSARS-CoV-2迅速診断テストは、血液中の免疫グロブリンM(IgM)とIgGの2つの抗体を検出して表示する血清テストとして、中国のFDAに当たるNational Medical Products Administration(NMPA)が承認した唯一の検査キットである。IgMとIgG抗体が存在するか否かで、ウイルスにさらされているかどうかが確認できる。Innovita社の診断テストは中国では既に広く使用されており、感染管理に効果を発揮している。米国で3月16日にFDAがPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)検査以外の血清テストの使用を許可すると発表したのを受け、Scanwell社はテレヘルスパートナーである米Lemonaid Health社と共同で、本診断テストの米国での販売に舵を切った。

     Scanwell社CEOのステファン・チェン氏は「多くの医療機関が、COVID-19患者の診察と診断に苦心している。診断の黄金のスタンダードはPCR検査であるが、診断用の綿棒や試薬がだんだん不足するようになり、大勢の人を簡単にテストできる迅速血清テストが求められている」と語る。

     簡単に使い方を説明する。まず、患者はオンラインで質問票に回答し、Lemonaid社の医師に評価をしてもらう。症状と状況に応じて医師は米疾病対策センター(CDC)のガイドラインに沿って患者の迅速診断テストを注文し、翌日には患者の自宅にキットが届けられる。患者は自宅で検査を行い、Scanwell社のスマホアプリ経由で医師に結果を安全に送付する。検査に要する時間は15分。数時間後には、医師から診断結果を知らされ、フォローアップとして隔離や再診断、通院など適切な対応策についてアドバイスがもらえる。

     患者が在宅で診断を受けることができれば、他の人へウイルス感染を広げるリスクを減らすことができる。米国での販売は8週間以内に開始予定であり、1回70ドルで診断ができるようになる。より多くの人を支援するため、Scanwell社は、診断費用の支払いが困難な患者には、無料でサービスを提供するスキームも検討中だ。
    Scanwell Health to Launch First Clinical-Grade Rapid At-Home Test to Aid in COVID-19 Crisis

  • ・無償のクラウド型HPCプログラムでワクチン開発を加速
  •  企業向けビッグコンピュートのリーダーである米Rescale社はGoogle CloudとMicrosoft Azureと提携し、COVID-19の診断テストキットとワクチン開発に使用する新たなハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)プログラムを、各団体の開発チーム向けに無償提供すると発表した。ビッグコンピュートとは、大量のCPU(中央処理装置)およびメモリーリソースを協調的に使用することによりビジネス、科学、エンジニアリング向けの大規模なアプリケーションを実行するための幅広いツールとアプローチを指す。

     Rescale社のクラウド型HPCでは、設定時間が必要ないため、すぐにシミュレーションを実行したり、Googleクラウドプラットフォーム(GCP)とAzureのクラウドコンピューティング・リソースにRescale社のターンキープラットフォームを複合することができる。創薬のための作業に必要な新たなクラウド型HPC技術を無償で利用できれば、世界中の研究者が知識と技術を共有し、COVID-19ワクチン開発のスピードが一気に加速する。

     Microsoft社のバイスプレジデントのグレッグ・ムーア氏は「COVID-19対策は、時間との競争だ。研究者や機関が新たな治療薬とワクチンを一刻も早く開発できるよう、Azureスーパーコンピューターの活用機会を世界中に広げていきたい」と述べた。

     Rescale社のHPCプラットフォームには、大手ライフサイエンス企業のBionano社の遺伝子イメージングと生物情報学のツールが統合されており、従来のシークエンシングメソッドに比べて、ウイルスを攻撃する遺伝子の種類をより高度に解析できる。

     クラウド型HPCは拡張・カスタマイズ可能で、大規模なワークロードを短時間で高性能に処理する能力を備える。オンプレミス環境を持たないスタートアップ企業も、クラウドですぐに新薬やワクチン開発に無償で参加することができれば、新しいアイデアと技術が生かされる機会が増えるだろう。
    Rescale Partners with Google Cloud and Microsoft Azure to Accelerate the Race for COVID-19 Vaccine with Cloud Supercomputers for Researchers