次世代医療基盤法に基づく「認定匿名加工医療情報作成事業者」(認定事業者)として、このほど一般財団法人 日本医師会医療情報管理機構(J-MIMO、Japan Medical Association Medical-Information Management Organization)が認定された。認定事業者の第1号は、ライフデータイニシアティブ(関連記事:いよいよ始動! 「次世代医療基盤法」によるビッグデータ活用)だった。J-MINOは認定事業者第2号となる。

(写真:Beyond Healthが撮影)

 認定事業者は、医療情報の収集と、その匿名化を担う。今回認定されたJ-MIMOは、日本医師会と傘下の日本医師会ORCA管理機構が次世代医療基盤法に基づく事業を行うことを目的に2019年3月に設立した。横倉義武氏(前日本医師会会長)が代表理事を務めている。

 同時に、認定事業者の委託を受けて医療情報や匿名加工医療情報を取り扱う「認定医療情報等取扱受託事業者」として、ICI(Integrated Clinical Care Informatics)と日鉄ソリューションズが認定された。ICIは、医療情報の利活用に向け認定事業者運営研究会を設置し活動してきた日本医師会ORCA管理機構が2019年5月に設立。代表取締役社長は上野智明氏(日本医師会ORCA管理機構 代表取締役社長)が就任している。