CureAppが開発した治療用アプリが、ついに薬事承認を取得した。同社は、「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」について、2020年8月21日付けで厚生労働省より製造販売承認(薬事承認)を取得したことを発表した。

 今回取得した製造販売承認の概要は以下の通り。

販売名:CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー
一般名:禁煙治療補助システム
承認番号:30200BZX00271000
使用目的又は効果:ニコチン依存症の喫煙者に対する禁煙の治療補助
承認年月日:2020年8月21日
製造販売業者:株式会社CureApp

 既に2020年6月19日に開催された厚生労働省 薬事・食品衛生審議会 医療機器・体外診断薬部会が、薬事承認を了承済み。今回は、厚生労働大臣名の正式承認を得た格好だ。治療用アプリの薬事承認事例は国内で初となる(関連記事:世界が評価するCureApp、だからこそ担う重責)。

ニコチン依存症治療用アプリ(出所:CureApp)

 ニコチン依存症治療用アプリは、医療機関の禁煙外来診療でニコチン依存症と診断された喫煙患者に向けたもの。患者用のスマートフォンアプリと医師用のアプリ、自宅などで呼気中の一酸化炭素濃度を計測する携帯型の「COチェッカー」で構成する。

 標準的な禁煙治療プログラムの中で、バレニクリンなどの禁煙補助薬とともに医師が処方する。医師が発行する「処方コード」を患者用アプリに入力するとログインでき、使用できるようになる。

 今回、正式な薬事承認を得たことで、CureAppは公的保険適用の希望を厚生労働省に提出する。同社は、2020年度中の保険適用と上市を目指すとしている。