インテグリティ・ヘルスケアとPHCは、オンライン服薬指導分野で提携する。インテグリティ・ヘルスケアのオンライン診療・服薬指導システム「YaDoc Quick」とPHCの電子版お薬手帳アプリ「ヘルスケア手帳」を連携させる。これにより、在宅で適切な服薬指導を受けられるサービスを実現させ、2020年9月の発売を目指す。

 2020年9月に施行される改正薬機法では、オンライン服薬指導が認められる(関連記事:KEYWORD:改正薬機法)。同時に、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、ウイルス感染を恐れて薬局訪問を中断する患者の治療離脱の増加が懸念されている。こうした状況にも対応したソリューションとなる。

 インテグリティ・ヘルスケアの「YaDoc Quick」は、この8月にリリースしたばかり。専用アプリケーションのインストールなどの初期作業を必要とせず、診療予約から医療費決済までを含むオンライン診療を簡単に開始できるサービスである。

 一方、PHCの「ヘルスケア手帳」は、服用薬のほか血圧などの個人の健康情報をスマートフォンで一元管理し、薬局へ処方箋情報を事前に送信することで、患者の薬局での待ち時間を削減するサービス。両サービスの連携により、患者は「ヘルスケア手帳」を利用して、自宅から処方箋情報を薬局に送信できるだけでなく、過去の服用薬履歴などを閲覧しながらビデオ通話システムによる適切な服薬指導を受けることができる。

インテグリティ・ヘルスケアのプレスリリースより

 処方薬のクレジットカード決済も可能となる。薬局への移動が難しい高齢者や、ウイルス感染への懸念から薬局訪問を躊躇する患者も、在宅で薬剤師の指導を受けながら服薬治療を継続できる。

(タイトル部のImage:monsitj -stock.adobe.com)