沖縄セルラー電話とメドレーは、高齢者施設でのオンライン診療の普及に向けたサポートを開始した。沖縄県内医療機関の協力のもと、沖縄県内の高齢者施設でオンライン診療を受けることができる体制・環境の構築を推進する。

 沖縄セルラーは、高齢者施設にオンライン診療用のタブレット端末を無償提供し、通信環境を構築する。メドレーは、オンライン診療システム「CLINICS」を活用し、医療機関とともにオンライン診療の各種サポートを行う。

今回のオンライン診療実施イメージ(出所:メドレー)

 まず、2020年9月1日から沖縄市の「医療法人奨進会 東部クリニック」(医療機関)と「シルバーホームりんご」(高齢者施設)で実証を開始する。結果を踏まえて対応医療機関や高齢者施設での活用を広げていく。

 コロナ禍において、高齢者施設の入居者やケアマネジャーなどの付添者にとっては、医療機関への移動や待合室での待ち時間は感染リスクを上げてしまうという懸念がある。これが、治療継続におけるハードルとなっている。もっとも、平常時においても高齢者やケアマネジャーなどの通院サポート負担は課題だったという。

 今回の取り組みは、こうした状況を解決するためのもの。入居者と付添者にとって、新型コロナウイルスへの感染リスクや移動や待ち時間などの通院負担が減少することで、必要な治療を継続しやすい環境を整えることを狙う。


(タイトル部のImage:f11photo -stock.adobe.com)