日本航空(以下、JAL)とNECは、デジタル技術を活用したニューノーマル時代の旅行体験の実現に向けた協業を開始した。NECが2019年1月から南紀白浜エアポートなどと南紀白浜で行っている「IoTおもてなしサービス実証」にJALが参画し、映像分析や生体認証を活用した様々な実証実験を実施する。

 第1弾として、「笑顔写真撮影サイネージ」を南紀⽩浜空港において2020年9⽉に開始した。搭乗までの時間を楽しんでもらうために、ディスプレーの前に⽴つと記念撮影を楽しめるサイネージを搭乗待合室に設置。笑顔を採点する機能もあり、点数に応じて変化するオリジナルのフォトフレームで撮影が楽しめる。IoTおもてなしサービス実証に登録している利用者は、顔認証システムにより登録メールアドレスで写真データを受信することができる。

(出所:両社のプレスリリース)

 2020年10⽉末からは、第2弾として「⼿荷物待ち時間可視化サイネージ」を始める。⼿荷物受取所に設置した液晶ディスプレーのカメラで個⼈を認証し、IoTおもてなしサービス実証に登録しているJALマイレージバンク会員のステイタス情報に基づき、⼿荷物の返却予定時刻をアニメーションでわかりやすく案内する。返却開始までの時間を有効に利⽤してもらうことを狙う。

 第3弾は、⽻⽥空港において「顔認証による⼿ぶら決済」を同年10⽉末に開始する。既に南紀⽩浜地区で実施している顔認証によるキャッシュレスで⾮接触な⼿ぶら決済を⽻⽥空港でも利⽤できるようになる。JALUXエアポートが運営する空港店舗「BLUE SKY」の22番ゲートショップにおいて、IoTおもてなしサービス実証に登録している決済情報をもとに、搭乗前にお財布代わりに「顔」で買い物をすることができる。⽻⽥空港での顔認証決済は、初めての取り組みになるという。


(タイトル部のImage:monsitj -stock.adobe.com)