LINEとエムスリーの合弁会社であるLINEヘルスケアは、オンライン診療サービス「LINEドクター」の提供を2020年11月に開始する。LINEビデオ通話を利用して、医師の診察を受けることができるサービスである(関連記事:「まるで10年後の未来」、新型コロナで加速したオンライン診療 LINEヘルスケアの室山氏、メドレーの田中氏はこう見た)。

 クリニックの検索・予約から診察・決済まで、すべてLINE上で完結できる。新たなアプリをダウンロードする必要はない。オンライン診察を利用するための追加手数料は一切かからず、ユーザーは診察費のみで利用できる。

「LINEドクター」のサービスイメージ(出所:LINEヘルスケア)

 医療機関向けには、利用環境・機能などによって選べる複数プランを提供予定。まず11月は「Basic Plan」から提供を始める。「Basic Plan」には、クリニックの予約機能、LINEビデオ通話機能、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」をはじめとした決済機能を搭載。初期費用・月額費用は無償で提供する。

 今回のサービスについてLINEヘルスケアは、「月間8400万人が毎日利用しているLINEで診察を行うことができるので、患者側の導入ハードルを下げることができるだけでなく、大きな導入コスト・運営コストもかける事なくオンライン診療サービスを始めることが可能」と説明している。

 なおLINEヘルスケアは、2019年12月にLINEで直接医師に相談できる「健康相談サービス」の提供を開始している。相談リクエスト数は、2020年8月時点で累計30万件を突破しているという。

2019年12月に始めた「健康相談サービス」(写真:Beyond Healthが撮影)


(タイトル部のImage:monsitj -stock.adobe.com)