凸版印刷は、東北大学発ベンチャーのNeUと共同で、認知脳科学に基づいた顧客への最適なデザイン開発の研究を開始した。脳活動計測やアイトラッキングをはじめとした人間の生体信号を分析し、よりユーザーに届きやすいクリエイティブの制作を目指す。

脳活動計測とアイトラッキング計測の様子(出所:凸版印刷)

 認知脳科学の見地から、「より注目されるデザインとは何か?」「より消費者の興味を喚起するデザインとは何か?」など、クリエイティブ・企画を科学的に検討して定量化する。これにより、顧客にとって最適なデザイン開発手法を構築。凸版印刷は2021年4月に企業向けのサービス販売開始を見込む。

 共同研究では、凸版印刷がクリエイティブ分析およびクリエイティブ制作を担う。NeUは脳活動などの各種生体計測と、認知脳科学に基づくコンサルティングを担当する。

(出所:凸版印刷)

 NeUの生体計測では、脳活動やアイトラッキングによる大規模計測を実施。人間の潜在的な意識を生体信号で計測し、クリエイティブをさまざまな手法で数値化する。


(タイトル部のImage:f11photo -stock.adobe.com)